トップページ>農園やにこ〜日記
梅の樹
農園やにこ〜日記
S.V.Menu
2010年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2009年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2008年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2007年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2006年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2005年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2004年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2003年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2002年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2001年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2000年
8月/ 9月
10月/11月/12月
やにこー日記
Back Number
栽培家から
ひとこと
ニコニコ 各画像をクリックすると スペシャルバージョン日記が見られます
このページに載ってない
秘密の写真が見られるかも!?
  2004年7月30日(金) 逆走
PM6:00、TVの台風情報より・・・
「和歌山県の那智勝浦です。先程から
 激しい波が打ち寄せており、とても海岸には
 近づけません。風雨とも非常に強いです。
 海岸沿いの方は、十分に気をつけてください」
・・・で、我家から海を見ると、波は全然ない。
風はちょっと吹いているけど、いつもと逆方向。
逆走台風は、やっぱり変だわ!
  7月28日(水) 福井豪雨その後
福井豪雨災害から10日、
TVでは放送されなくなりましたが、災害は終わったわけではありません。
http://www.nonkina-okome.com/image/saigai/040728kouzui.htm
  7月27日(火) 朝と夕方
「シロップやエキスを絞った後の
 梅の実は、どうするんですか?」

農園では、せっせと畑に還し、肥料にします。
日中は暑いので、畑に撒くのは朝と夕方です。
決して怠けているわけではありません(^_^;)
  7月26日(月) 畑の順番
農園周辺の梅畑では、今日も
ダムの水を潅水しています。

「早くこっちにも撒いてくれよ」
「ちょっと待ってよ、順番なんだから」

昨日の雨量では、
ぜんぜん足りません。
  7月25日(日) 僅か(T_T)
「暑〜い、ノド渇いたー。
 梅の木のヤツは水をもらえるのに
     コノヤロ〜、もう枯れてやるー」

ここ2週間、一滴の雨も降らないなか、
酷暑に耐えてきた畑の草たちに待望の雨です。
でも、降水量は僅か2ミリでした(T_T)。
  7月24日(土) ガンと梅
新刊「がん治療入門」関根進・土屋繁祐著
この本の付録「命の情報手帳」に、
月向農園が紹介されています。

梅は古来より薬として珍重されてきましたが、
ガンのような生活習慣難病がはびこる今こそ、
梅パワーの出番です。
  7月22日(木) 蜂屋敷への道
またまた蜂達の巣分かれです。
1群が2群になり、そして3群目が、
屋根裏に住み着いたところなのに、
もう4群目が新しい住処を探しています。
この後、おじいちゃんが防護服も着ず、 
素手でこの蜂の塊を新しい巣箱に移しました。
ニホンミツバチは、本当に刺さないんですね。
でも感心ばかりもしておれません。
この調子で増えると、我家は蜂屋敷になるのでは?(^_^;)
  7月21日(水) 初梅干
「土用の丑の日」
ご飯にうなぎを乗せ、タレをかけ、
最後に、干し上がったばかりの
今年@申年の梅をのせます。
食べ合わせは抜群!
食欲が出すぎるほどです(^○^)
これで、この夏を
乗り切れること間違いなし♪

  7月20日(火) 裏返し
何か忘れてないかって?・・・そうそう、梅を干したままでしたね(^^;)ゞ 
17日夕方から干し始めた梅を、朝一番に裏返しました。
天候にもよりますが、
「大粒で2日、中粒で1日半」を目安に裏返します。
朝からの異様な熱気に
「今日はいつもと違うぞ、暑くなるぞー」と思っていたら
各地で39〜40度などという、
お風呂の適温のような気温が記録されていましたね。
ちなみに、我が家の庭先は38度でした。
  7月19日(月) 一夜明けて
昨日に引き続き、長尾農園さんのHPより・・・
http://www.nonkina-okome.com/image/saigai/040719kouzui.htm
集中豪雨から一夜明け、
復旧作業が始まると共に、被害の全容も明らかになってきています。
  7月18日(日) 福井に大雨
先日の新潟の集中豪雨に引き続き、今度は福井に大雨です。
TVでは、決壊した堤防や流された鉄橋の映像が、繰り返し流れています。
そして、氾濫した川の上流でも、大変な災害が起きていました
http://www.nonkina-okome.com/image/saigai/040718kouzui.htm
福井市から車で40分程の、池田町に住む長尾さんが、
町の被害の様子を、自らのホームページで情報発信しています。
この池田町には、先月始めに訪れたばかりで、長尾さんともお会いしています。
見覚えのある看板、道、川の写真が・・・・・
のどかな田舎の風景が一変しています。なんとも複雑な気持ちです。
  7月17日(土) 天日干し
今年はじめての、天日干しです。
梅を干す時の注意点は・・・
 1・風通しの良い場所に干す。
 2・ザルの下も、風通しを良くする。
 3・日差しが強すぎる時は
    ひなたでなく、半日陰で干す。
暑さで蒸し上げるのではなく
「風で乾かすこと」を心がけましょう。

  7月15日(木) 漁火
「おっ、これは美味い!」
みなべ産のイワシがでまわるこの時期、
夜になると、我が家からも漁火が見えます。
可哀想に、その漁火に捕まったイワシ達です。
「成仏しているかな?
梅干と一緒に煮られて、美味しくなったんだから
悔いはないし、極楽往生だよね!」
  7月13日(火) あら大変!でも大丈夫(^^)d 
「梅雨も明けたし、そろそろ天日干しをしようかなと
梅を塩漬けした瓶を覗いたところ、白いカビが!!
これは失敗なのでしょうか?どうしたらいいの?」
・・・こんな問い合わせメールを、よく頂きます。

梅酢の表面に出た白いカビは、悪さをしないので、
天日干しまで、このままビンの中で放っておいても
大丈夫ですよ・・・とお返事するのですが、
慣れない方は心配でしょうし、気になる方もおられますよね。その場合の対処法は
 1・まず、重石をはずします。
 2・重石や瓶に付いたカビ、梅酢の表面に浮いたカビを取り除きます。
 3・梅の重さに対して、5パーセントほどの焼酎(35度)を加えます。
 4・再び重石を載せます。・・・これで大丈夫!あとは同じように天日干してくださいね。
  7月12日(月) 梅雨明けか?
朝は「ミーンミーン」と、セミの鳴き声が・・・・
昼は「ジリジリ」と、音が聞こえそうな日差が・・・
夜は「ゲロゲロ」・・・ん?「ゲロゲロ」???

窓の近くで、合唱するであろう2匹を発見!
昼間は、こんなにおとなしいクセにね。
  7月11日(日) おみやげ
高速道路のインターができて以来、コンビニや直売所がたくさんできました。
 そのひとつ、JAの直売所に寄ってみると・・・
日曜日なのに駐車場に車が一台も無い!
・・・たまたまだよね(^_^;)
中に入ると、大きな梅の造木が目を引きます。
その下に「梅染め」を見つけました。
その昔、梅の木が紅色の染料として
使われていた時代があったと聞きます。
蘇った現代の梅染め、さてその色合いは?
あっ!買ってくるのを忘れちゃった。また今度ね

  7月10日(土) どれにしようかな?
右に行きたいんだけど・・・
道は2手にしか分かれていないのに
信号機が3個もついています。

どれを見ればいいのかなー?
まーいいや、全部青だし、進めー

  7月05日(月) お待たせしました。
 ハイ並んで、順番ですよ!
持ち物はよろしいですか。
シールに帽子も忘れないでね。
名札をちゃんと付けましたか。
準備ができたら箱に入ってね。
さて、今年のシロップの出来上がりはどうかな?
お先に一杯味見を o(^O^)o

  7月04日(日) 世界遺産その二
次に千里王子・・・あれ?子供達はどこにいった?
ここもすぐ前が海なので、波と戯れるのに夢中です。
遊んだ後は、貝を神社に納めるのが、
ココの慣わしなのかな?
詳しくは、またレポートしますね。
このあと図書館に行く予定でしたが
私も子供たちも、ズボンがずぶ濡れになったので、
「家に帰ろう」とあいなりました。
  7月03日(土) 世界遺産その一
7月1日「紀伊山地の霊場と参詣道」が
世界遺産に登録されました。
この参詣道で有名なのが、熊野古道。
当地「みなべ」にも、この古道が通っています。

岩代王子は、すぐ前が太平洋なので、
海風がとても気持ちいい所ですよ。
  7月02日(金) 竹串の恐怖
あれれ、パンクだぁ。・・・クギでもひろったかな?
えっ!これってなにかに似てるぞ?
もしかして!!
それにしても、これでパンクするのか???
やっぱし この鋭く尖った先は・・・
収穫用のネットとネットを繋ぐ竹串だ!
このように、道に落ちた竹串は
凶器に変わるのです(T_T)
Copyright(C) GEKKO FARM All rights reserved. Reproduction in any form prohibited.
月向農園のトップページへ戻る