トップページ>農園やにこ〜日記
梅の樹
農園やにこ〜日記
S.V.Menu
2010年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2009年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2008年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2007年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2006年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2005年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2004年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2003年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2002年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2001年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2000年
8月/ 9月
10月/11月/12月
やにこー日記
Back Number
栽培家から
ひとこと
ニコニコ 各画像をクリックすると スペシャルバージョン日記が見られます
このページに載ってない
秘密の写真が見られるかも!?
  2004年9月30日(木) 村民最後の日
仮設看板くんがボソボソ
「あと一日の運命か〜!
     そしたらオレは撤去されるな〜
 村民の皆、しっかりオレを見ておいてくれよ
    ココに立っていたことを忘れないでよ。」

栽「大丈夫、忘れないからね。
  この日記のなかで君は生き続けるからね」
  9月29日(水) 8個目
今夜、過去最高8個目の台風が
和歌山に接近する予定です。

昨夜からの雨で、かなり川が増水しています。
これ以上降らなければいいのですが・・・

全国の仲間が伝える各地の様子です。
http://www.agrico.org/2004taihu/
  9月25日(土) 引き分け
今年の運動会は、
姉が赤組 妹が白組と、
どちらが勝っても負けても
親としては辛く思っていました!
ところがなんと!
全種目を終え、総合得点の結果は、
同点で引き分けではありませんか。
めでたしめでたし(^○^)
  9月23日(木) お彼岸と四国
「この墓石の石は、ひーひーおじいさんの頃
四国から船で運ばれてきたんだって。」
娘「四国ってどこ?」
「えーっと・・・うどんを食べに行ったでしょ」
娘「あっそっか、帰りの船が揺れたよね
石さんも揺れたのかな?」
と話しているかどうかは??
  9月21日(火) この島だけヨ!
「カッコいい山並だなぁ。
 それに、こんな石畳の川、
 遍路さんの道しるべまであるし。」
これでどこか分る人なんていませんよね。
それじゃ、大ヒント!
「おじさん何選別してんの?
 あっそっか!この木になっている実だね。」
日本では、この島でしか栽培できないそうです。
  9月20日(月) さて、いづこへ
「甲板を独り占めなんて、気持ち良いよな〜」
それもそのはず、船へ乗り込む時、
確か車が2台しか乗ってなかった!

今日は、久々にフェリーに乗って
ある島に向かってます。
さて、どこでしょう?
  9月18日(土) 磯のスフィンクス
「おぉっ!ここは海なのに・・・似てるよ!
 打ち寄せる波に削られ、
 いつしかこんな姿になったんだ!」
と、感動しているお父さんをよそに、
子供達は貝拾いに夢中です。
磯のスフィンクスを見たいかたは、
みなべ町の目津海岸へどうぞ!必見です。 
  9月16日(木) この道一筋
同じ村内の清川地区に行くと、なにやら
「北の国から・五郎さんの石の家」
みたいなのがあります。
実は、これぞ紀州備長炭の窯なのです。
ちょうど匠がおられましたので、
写真を一枚、パシャ!
10代の頃から炭焼きをはじめ、この道一筋。
盆正月以外は、ここで炭を焼いているそうです。
地元の炭焼師が減っている昨今、貴重な存在です。
  9月15日(水) 秋近し
「イテッ、イテテテ・・・・(T_T)」
子供達が、山から栗を拾ってきました。
「食べれるかな?」と、中を見ると、
そこは野生の栗。
先に虫が、お食事中でした。

朝夕も涼しくなり、栗の姿を見ると、
いよいよ秋の足音を感じます。
  9月12日(日) いい音色
「やにこ〜いい音やね。何叩いているの?」
見た目は、木琴に似ているけど、
音色は、鉄琴のような澄んだ金属音です。

我村のもうひとつの日本一「紀州備長炭」で
作ったのが、この「炭琴(たんきん)」。
村内の小中学校では、
炭琴の演奏会まであるんですよ(^^)d 
  9月10日(木) 思い出のブドウ
思い出すな〜、この味!
10年前、レンタカーで旅したニュージーランド。
ロードサイドにある農家の直売所で買った
ブドウは、まさにこんな食味と食感でした。
ほのかな甘味に、酸味と渋みが程よく含まれ、
サクサクとした歯ごたえ!コレだよコレ!
こんなブドウが食べたかったのです(^○^)
内海ぶどう園 さんの、丹精込めた逸品です。
  9月09日(木) 気分転換
このところ地震や台風続きで、
まるで災害日記ですね。
ちょっと気分転換に
庭に咲いている花を撮ってみました。
花の名前にはめっぽう弱くて、
カミさんに何度教えてもらっても
覚えられない・・・(^_^;)
  9月06日(月) 地震翌日・台風前日
地震翌日・・・昨夜の地震が余程怖かったのか、
下の娘が私の傍に、くっ付いてきます。
普段もこうなら良いのに(^○^)

台風前日・・・まさか、次の台風が一週間後に
やって来るとは思わなかったのでしょう。
刈り終えた稲をハザカケしている田んぼがあります。
強風で倒されなければいいのですが。
  9月05日(日) 地震 津波 台風 潮風 (T_T)
19:07と23:55の2度、大きな地震があり、
和歌山県南部は震度5弱でした。
いつもの地震と違って、長〜く強く揺れたので、
「南海地震が来たのかも」と正直ビビリました。
幸い、棚から物が少々落ちた程度で、
大きな被害はありませんでした。
2度目の地震後「津波警報が発令されました。
海岸近くの住民は、高台へ避難してください」
との防災放送が聞こえ、高台にある我家でさえ、不安になりました。
不気味な余震も続いたので、なんとも怖い一夜でした。
  9月03日(金) 新旧
7年目を迎えた愛車パタパタくん。
片方のキャタピラが切れそうになったので、
部品を交換しました。新しいものと見比べると
酷く傷んでいるのがよくわかり、納得です。
「もう片一方は、いつまで持つだろうか?」
と心配しつつ、最も気になるのは、
今回のキャタピラのお値段なのです・・・(T_T)
  9月01日(水) 10歳の頃
PM8:11「浅間山噴火」 浅間山の麓、嬬恋村で農業を営む友人から届いたメール。
 「浅間山が噴火しました。地震かと思ったら・・・・。赤い溶岩が・・・・・」
彼が10歳の時にも噴火したそうです。彼の噴火情報はこちらhttp://www.mori-farm.com/
さて、私が10歳頃の我家の天日干し風景というと、
こんな風に90×180センチ程の木製セイロに、
梅を並べて干していました。
このセイロを提げるのが、重くて大変でした。
特に、夜中に雨が降り出すと最悪(T_T)
たたき起こされて、セイロを積むわけですが
眠くて・・・重たくて・・・ズブ濡れで・・・
子供心に「梅干のツラなんか見たくもない」と思ったものです。今は大好きですけど(^○^)
Copyright(C) GEKKO FARM All rights reserved. Reproduction in any form prohibited.
月向農園のトップページへ戻る