なんでも梅学

いろいろな梅の花

「梅」は品種が多く、中国からの渡来種のほか、
日本では江戸時代にたくさんの品種の育成・改良が行われ、
現在では300種以上あると言われる。

園芸学的に分類すると、花の観賞を目的とする「花梅(はなうめ)」と、
実の採取を目的とする「実梅(みうめ)」に分けられる。
さらに、花梅は「3系9性」に分類される。









野梅系(やばいけい)

野梅から変化した原種に近い梅。中国から渡来した梅の子孫と言われる。
枝は細く、花も葉も比較的小さい。花や葉も小ぶりだが、とてもよい香りがする。

詳しくはこちら

緋梅系(ひばいけい)

野梅系から変化したもの。枝や幹の内部が紅く、花は紅色・緋色のものがほとんど。 花が白くても、枝の髄が紅いものはこの緋梅系に入る。
葉は小さく、性質は野梅性に近い。庭木や盆栽に使われるものが多い。

詳しくはこちら

  • 紅梅性

    紅梅性(こうばいしょう)

    花色が明るい紅色をしている。極少ないが、白花のものも含まれる。新梢は日焼けしても緋梅性ほど濃くならず、青みが残る。

  • 緋梅性

    緋梅性(ひばいしょう)

    花色が濃い紅色~緋色をしている。新梢は日焼けすると黒褐色になる。多くは樹勢が弱い。

  • 唐梅性

    唐梅性(とうばいしょう)

    花色は咲き始めは桃色~紅色で、咲き終わりには白っぽくなる。花が下向きで、花柄が長いものが主流。

豊後系(ぶんごけい)

梅と杏(アンズ)との雑種。葉は大きく育ちの良いものが多い。
アンズに近く、花は桃色のものが多い。

詳しくはこちら

  • 豊後性

    豊後性(ぶんごしょう)

    アンズとの雑種性の強い梅。枝はやや太く、樹勢は強い。葉は丸葉で大きく、表面に毛がある。花は、大輪で淡紅色のものが多く、晩咲き。

  • 杏性

    杏性(あんずしょう)

    豊後性よりも枝が細く、葉も小さい。新梢が細く、日焼けすると灰褐色になる。葉は小さく、表面に毛もない。花は、遅咲きのものが多く、香りは低い。



  • 南高(なんこう)
    南高(なんこう)
  • 古城(ごじろ)
    古城(ごじろ)
  • 玉梅(たまうめ)
    玉梅(たまうめ)
  • 白加賀(しろかが)
    白加賀(しろかが)
  • 豊後(ぶんご)
    豊後(ぶんご)
  • 鶯宿(おうしゅく)
    鶯宿(おうしゅく)
  • 月世界(げっせかい)
    月世界(げっせかい)
  • 甲州最小(こうしゅうさいしょう)
    甲州最小
    (こうしゅうさいしょう)

このページは南部川村の許可のもと「南部川村うめ振興館常設展示図録」をもとに作成しました

Copyright© GEKKO All Rights Reserved.

page top