Facebook

水尾の里
宝が池公園
京都府立植物園
しょうざん庭園
大沢池 下鴨神社
北野天満宮
清凉寺 金戒光明寺
龍安寺
曼殊院
京都御苑 大豊神社
常寂光寺 天龍寺
東北院
元離宮二条城 平安神宮
南禅寺聴松院
梅宮大社 錦天満宮
菅大臣神社
梅小路公園 渉成園
智積院
雲龍院
勧修寺 隨心院・小野梅園
城南宮

京都市

北野天満宮 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo きたのてんまんぐう(京都市上京区)
菅原道真を祀る「天神さん」には門内・梅苑それぞれゆかりの梅がある。
梅苑は例年2月初旬から公開。
紅梅・白梅・一重・八重等
の順に咲き始める。
約2000本(50種)
見頃は2月上旬~3月下旬。
Web 北野天満宮
   
京都御苑 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo きょうとぎょえん(京都市上京区)
市街のほぼ中心に位置。京都御所を囲む周囲約4kmの広大な公園。
梅林は清少納言や紫式部が
仕えた"枇杷(枇杷)殿跡"
辺りに位置する。
約250本(20種)
見頃は2月中旬~3月中旬。
Web 京都御苑
     
元離宮二条城 詳しいホームページへGo! にじょうじょう(京都市中京区)
徳川家の栄枯盛衰を見守ってきた城。桃山時代様式の全貌を垣間見れる。
約130本。紅梅・白梅のほか
1本の木に紅白の花を咲き
分ける「源平咲き分け」と
よばれる梅がみられる。
見頃は2月中旬~3月上旬。
Web 二条城
   
錦天満宮 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo にしきてんまんぐう(京都市中京区)
京の台所として知られる錦市場の東端にあり、学業に加え商売繁盛の神でもある。
境内には、京の名水の一つ
「錦の水」が湧き出ている。
表通りの喧騒とは別世界の
落ち着いた雰囲気を
味わうことができる。
Web 京都市観光文化情報
   
梅小路公園 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo うめこうじこうえん(京都市下京区)
京都市営の総合公園。南敷地には、かつて平清盛の邸宅があった。
梅林「梅こみち」に、
約140本(14品種)。
石畳の園路が整備され、
間近で梅の花を楽しめる。
見頃は2月中旬~3月上旬。
Web 京都市都市緑化協会
   
渉成園 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo しょうせいえん(京都市下京区)
真宗大谷派東本願寺の飛地境内地。
周囲に殻(からたち)が植えて
あったので枳殻邸(きこくてい)
ともよばれている。
梅林「双梅檐(そうばいえん)」
約20本(紅梅・白梅)
Web 真言大谷派
   
菅大臣神社 詳しいホームページへGo! かんだいじんじんじゃ(京都市下京区)
菅原道真を祭神とする神社。道真のいる大宰府に飛んでいったという「飛梅」の地。
「東風吹かば
にほひおこせよ梅の花
主なしとて春なわすれそ」
と詠まれた飛梅の地も当神社。
Web 名所旧跡めぐり
   
しょうざん庭園 詳しいホームページへGo! しょうざんていえん(京都市北区)
京都洛北・鷹ケ峯を背景に広大な敷地三万五千坪の日本庭園。
洛北の鷹峯の自然の中に
広がる北庭園には、紙屋川
が流れ、四季折々に季節の
表情を見せてくれる。
約100本
見頃は3月上旬~3月中旬。
Web しょうざん
   
宝が池公園 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! たからがいけこうえん(京都市左京区)
宝ヶ池を中心に梅や桜の森、林間広場などが設けられた公園。市民憩いの場。
古くからの景勝の地。
四季を通して、花の名所。
約200本
見頃は2月下旬~3月上旬。
Web 京都市情報館
Web 宝が池ガイド
 
京都府立植物園 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo きょうとふりつしょくぶつえん(京都市左京区)
大正13年(1924)に「大典記念京都植物園」として開園。
園内には花梅を主とした
梅林が二ヵ所ある。
約150本(60種)
見頃は1月上旬~3月下旬。
Web 京都府
   
大豊神社 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo おおとよじんじゃ(京都市左京区)
かつて椿ヶ峰の山中にあった古い神社。境内には可愛い狛ねずみが鎮座している。
樹齢250~300年の
洛中一大きいといわれる
枝垂れ梅がある
見頃は3月上旬~3月中旬。
Web 何処か遠くへ
   
曼殊院 詳しいホームページへGo! まんしゅいん(京都市左京区)
天台宗の仏教寺院。大書院前には遠州好みの枯山水庭園。
花が四季を通じて咲き誇る。
約20本
(白梅・紅梅)
見頃は2月下旬~。
Web 曼殊院門跡
   
下鴨神社 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo しもがもじんじゃ(京都市左京区)
尾形光琳の「紅白梅図屏風」のモデルといわれる「光琳の梅」
正式には「賀茂御祖神社
(かもみおやじんじゃ)」と呼ぶ。
1994年・世界文化遺産登録。
Web 下鴨神社
Web 京都おもしろスポット
 
東北院 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo とうぼくいん(京都市左京区)
黒谷にひっそり佇む時宗の寺院。境内に咲く白梅は和泉式部ゆかりの「軒端の梅」。
境内には一本の白梅
「軒端(のきば)の梅」。
古い小さなお寺なので、
見過ごしてしまいそうだが、
春はこの白梅が誘ってくれる。
Web 路地裏的散策案内
   
南禅寺聴松院 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo なんぜんじちょうしょういん(京都市左京区)
南禅寺の塔頭。狛猪の傍らにある白梅の枝振りが見事。
開運勝利、福利円満、
萬難消除の佛摩利支天が
祀られており、境内には
狛猪が鎮座している。
Web 南禅寺
 
金戒光明寺 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! こんかいこうみょうじ(京都市左京区)
浄土宗の寺院。山号は紫雲山。知恩院とならぶ格式を誇る浄土宗の大本山の1つ。
法然上人がはじめて
草庵を営まれた地である。
一般に「黒谷さん」と呼ばれる。
浄土宗最初の寺院。
Web 金戒光明寺
Web ぶらりと京都
   
平安神宮 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo へいあんじんぐう(京都市左京区)
平安遷都を行った第50代桓武天皇を祀る神社として創祀された。
四季折々に美しい神苑。
白梅は2月の初めから、
紅梅は中旬から楽しめる。
約60本(紅梅30本・白梅30本)
見頃は2月上旬~3月上旬。
Web 平安神宮
   
大沢池 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo おおさわのいけ(京都市右京区)
大覚寺の東に位置し、周囲約1kmの日本最古の人工の林泉。
池の北岸「嵯峨の梅林」。
約170本(10種)
見頃は3月上旬~3月下旬。
Web 大覚寺
Web 名所旧跡めぐり
   
清凉寺 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo せいりょうじ(京都市右京区)
'嵯峨の釈迦堂'で知られる浄土宗の古刹。
本堂の脇にある和泉式部
ゆかりの「軒端の梅」は
樹齢350余年の古木。
見頃は2月下旬~。
Web 京都市観光情報
   
常寂光寺 詳しいホームページへGo! じょうじゃっこうじ(京都市右京区)
嵯峨野にある日蓮宗の仏教寺院。山号は小倉山。堀のない寺。
毎年2月下旬~3月下旬
盆梅展が行われる。
大小約30点の盆梅を
飾り棚に並べて展示。
Web 常寂光寺
   
天龍寺 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo てんりゅうじ(京都市右京区)
京都五山の一位として栄えた名刹。臨済宗天龍寺派大本山の寺院。
方丈裏の庭園(史跡・特別名勝)は
往時の面影を今に伝えている。
1994年・世界文化遺産登録。
Web 天龍寺
   
梅宮大社 詳しいホームページへGo! うめのみやたいしゃ(京都市右京区)
日本最古の酒造の神。子授・安産の御利益で有名。
梅宮のシンボルであり、
現在約35種550本の梅が
境内全域に植えられている。
金色の枝の「金枝梅」。
見頃は2月中旬~3月中旬。
Web 梅宮大社
   
龍安寺 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo りょうあんじ(京都市右京区)
臨済宗妙心寺派の寺院。枯山水「龍安寺の石庭」で知られる。
約80本
見頃は2月中旬~。
1994年・世界文化遺産登録。
Web 龍安寺
Web 龍安寺早わかりNavi
 
水尾の里  みずおのさと(京都市右京区)
愛宕山西麓の美しい風光に恵まれ、人里離れた山間の集落に梅の花がほころぶ。
約7000本
見頃は3月中旬~。
愛宕山西麓に位置する幽邃の地。清和天皇陵や円覚寺がある。
主産物は梅とユズで、とくにユズは名高く、
ユズが実る時期には、ユズ風呂と鳥料理が楽しめる
雲龍院 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo うんりゅういん(京都市東山区)
御寺泉涌寺の別院。写経道場として約450年の歴史。現在も誰でも体験ができる。
山中のような静寂の地。
「はねずの梅」は見事。
七福神巡りの大黒天の寺。
鎌倉時代の「走る大黒天尊像」
が台所にある。
Web 雲龍院
   
智積院 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo ちしゃくいん(京都市東山区)
真言宗智山派総本山の寺院。多種多様な梅が見られる。
のんびりと静かな梅を
1本1本愛でるには
最高の場所。

見頃は2月中旬~3月中旬。
Web 智積院
     
隨心院・小野梅園 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo ずいしんいん・おのばいえん(京都市山科区)
真言宗善通寺派の大本山。「はねず(薄紅色)の梅」で有名。
名勝「小野梅園」。
約200本
見頃は2月下旬~3月下旬。
「はねず踊り」が行われる。
Web 隨心院
 
勧修寺 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo かじゅうじ(京都市山科区)
900年・醍醐天皇によって創建。親子孫三代の木が支え合う「臥竜の老梅」
900年醍醐天皇によって創建。
江戸時代に京都御所から
贈られたという白梅の名木
「臥竜(がりゅう)の老梅」。
見頃は2月上旬~2月下旬。
Web おのぞみドットコム
 
城南宮 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo じょうなんぐう(京都市伏見区)
源氏物語にも描かれた春の山の枝垂れ梅が150本ほどある。
苑内には『源氏物語』に登場
する、ほとんど全ての植物
(100余種)が植栽されている。
約150本(紅白の枝垂れ梅)
見頃は2月下旬~3月下旬。
Web 城南宮
   

ページの先頭へ戻る