なんでも梅学

うなぎと梅干し

昔から、一緒に食べてはいけないと言われる「食べ合わせ」。
辞書には「一緒に食べると害になるもの」とある。

「うなぎと梅干は食べ合わせが悪い」と言われてきた。
実際に、この食べ合わせを避けている人も、多いようだ。
さて、本当にこの説は正しいのだろうか?

うなぎと梅干し

検証「うなぎと梅干し」は、体に良くないの?

  • 【医学的には】梅干は胃酸を濃くして、うなぎの油分の消化を助けるので好ましい。
    食べ合わせの言い伝えには、根拠なし。
  • 【食べ合わせ実験】 実際に、家族4人で一緒に食べてみたが、全員体調に何も異常なし。

以上の結果から、うなぎと梅干を一緒に食べたからといって、
体調に悪影響を及ぼすといった、明らかな医学的根拠はない。

これはあくまでも迷信なのだ。
では、いったい何故そのような迷信が生まれたのだろうか。

それには、いくつかの説が考えられる。

根拠のない「迷信」が生まれた理由

  • 【ぜいたくの戒め説】梅干は胃酸を分泌させ、食欲を増進させる。
    そのため、高価なうなぎをたくさん食べることになる。
    贅沢(ぜいたく)を戒めるために、生まれた言い伝えではないか。
  • 【過食の戒め説】うなぎも梅干も、食がすすむ食材だ。
    脂っこいうなぎも、梅干を食べながらだと
    口の中がスッキリして、つい食べ過ぎてしまうので、
    食べ過ぎを防ぐ意味で、言われたのではないか。
  • 【栄養の消失説】梅干には、脂っこい食物をサッパリさせる性質があるので、
    体内でうなぎの栄養分が消されてしまうのでは…と心配したため。
  • 【食中毒の予防説】うなぎが腐っていたら、酸味がある。
    もし梅干しを一緒に食べると、梅の酸味のせいで、
    うなぎが腐っていることが判らないため。

このように、「食べ合わせの言い伝え」の中には、
食べ物に敏感で、大切に考えた昔の人の知恵が詰まっている。

昔からの言い伝え「食べ合わせ」を検証

  • ●「天ぷらとスイカ」「うなぎとスイカ」 油の多い食物(天ぷら・うなぎ)と、
    水分の多い食物(スイカ)を一緒に食べると、
    胃液が薄まり、消化不良を起こすことがある。
    胃腸の弱い人、特に下痢気味の人は、避けたほうが無難。
  • ●「天ぷらと氷」「天ぷらとアイスクリーム」 体を温める食物(天ぷら)と、
    体を冷やす食物(氷・アイス)を一緒に食べると、
    胃腸に負担をかける場合がある。
  • ●「蟹と柿」 傷みやすい蟹(かに)と、消化の悪い柿の組み合わせ。
    蟹も柿も体を冷やすので、一緒に食べると身体を冷やす。
    冷え性の人は症状が重くなるので、要注意。
    また両者は、山のものと海のものの組み合わせでもある。
    昔は両方を一緒に食べようとすると、
    食材を調達するまでに時間が要して、
    どちらかが傷んでしまう場合があったため、食中毒の戒め。
  • ●「蟹とかき氷」「柿とそば」 体を冷やすものどうしの組み合わせ。
    一緒に食べると体が冷え、
    内臓機能が低下し、腹痛になる可能性が高くなる。
    冷え性の人は症状が重くなるので、要注意。
  • ●「トコロテンと生卵」 消化が悪いものどうしの組み合わせ。
    両方とも消化に時間がかかるので、胃腸に負担が掛かる。
  • ●「犬肉とニンニク」(韓国) 互いに滋養がつきすぎて、たくさん食べるとのぼせる。

医学的に避けたい「食べ合わせ」

  • ●「トマトvsきゅうり」「大根vs人参」ビタミンCが壊れてしまう
    トマト・大根には、豊富なビタミンCが含まれているが、
    生のきゅうり・人参に含まれるアスコルビナーゼには、ビタミンCを壊す作用がある。
    アスコルビナーゼは酸に弱いので、生で食べる時は、酢やレモン汁をかけると良い。
    アスコルビナーゼは熱にも弱いので、加熱してもOK。
  • ●「レバーvsみょうが」レバーの栄養素を十分に吸収できない
    「栄養素の宝庫」と呼ばれるレバーには、新陳代謝を活発にする働きがあるが、
    みょうがの苦味物質が胃腸の働きを抑えるため、栄養素の吸収を妨げてしまう。
  • ●「豚肉vs冷たいそば」身体を冷やす
    ビタミンB1が豊富な豚肉は、体や脳の働きを活発にするが、体を冷やす作用も。
    この食べ合わせは胃を冷やし、栄養素や有効成分の吸収を妨げるので要注意。
  • ●「なすの漬物vs冷たいそば」冷え性の人には向かない
    なすの漬物は体を冷まし、そばには胃を冷やす作用がある。
    だから、下痢をしたり手足が冷えることになる。
    加熱すればその作用は緩和されるので、温かい汁そばならOK。
  • ●「酒vsからし」炎症を悪化させる
    酒とからしは、血行を促すため、かゆみが出てしまう可能性がある。
    じんましんや湿疹が出やすい人は、注意が必要。

お薦め!体に効く「付け合せ」

一見脇役のようにも見えるが、体に良い組み合わせになるように考えられた知恵。
普段、あたり前のように食べていた食べ合わせにも、ちゃんとした理由がある。

  • ●「とんかつ+キャベツ」老化防止と疲労回復
    キャベツは食物繊維を多く含むため、とんかつの油分の吸収を抑制する。
    また、とんかつは高カロリーだが、キャベツにはカロリーを燃やす働きもある。
  • ●「お寿司+ガリ(甘酢しょうが)」殺菌と消化促進の役割
    殺菌作用のあるガリ。その抗菌効果で生魚の毒を消し、食中毒を防止する。
    また、胃の働きを整え、消化を促進する働きがある。
    脂っこいネタを食べた後、口直しとして食べれば、口の中がサッパリする。
  • ●「サンドイッチ+ピクルス」むくみを解消
    キュウリを酢漬けした西洋風の漬け物が、ピクルス。
    パンは塩分が多いので、むくみやすい人は注意が必要なのだが、
    キュウリには、むくみを解消する働きがあるのでGood。
    サンドイッチに使われる、マーガリンやバターの油っぽさを
    ピクルスによってサッパリさせる効果もある。
  • ●「カレー+らっきょ」胃もたれを治し食欲増進
    カレーは脂っこいため、食後に胃がもたれることもあるが、
    らっきょの香りに含まれる硫化アリルが、胃の働きを助けてくれる。
    甘酢漬けのらっきょが、カレーの辛味を軽減し、食欲を増進させる作用もある。
  • ●「ステーキ+クレソン」消化を促進
    クレソンの苦味と辛味が消化を促進。
    ステーキを焼くとき、調味料として塩を使うので、口の中が乾きがちだが、
    クレソンには乾きをとる働きもある。
  • ●「刺身+わさび・しその実」殺菌作用で食中毒を防止
    刺身は生ものなので、食中毒を引き起こす菌が発生することがある。
    殺菌作用の強いわさび・しその実は、食中毒の防止にもなる。
    さらに、胃の働きを高めて、消化を助ける働きもある。
Copyright© GEKKO All Rights Reserved.

page top