園主のコラム

園主のコラム

  • 農園紹介
  • 梅の薬剤
  • 梅の肥料
  • 除草剤
  • コラム

農薬2001/04/13(Fri)

スピードスプレーヤー
スピードスプレーヤーは、 「走る!お医者さん」

3月末~4月は、梅の薬剤(農薬)散布の時期です。
梅の木も、いろいろな病気にかかったり、
虫にいじめられたりします。

だから、木の健康を守るため、最低限の予防が必要となります。
人間で言えば、予防注射をしたり、
虫除けスプレーを使うのと似ていますね。

最近、市販されている農産物の中には、
殺虫剤1回、殺菌剤2回などのように
「農薬の使用回数を明記したもの」を見かけるようになりました。

農家同士でも 「今年は、何回消毒(農薬散布)した?」 「うちは、5回やったで。」
「へ~!少ないな~!!」 こんな調子で、常に回数が話題になります。

でも、この回数が少なければ安全というわけではないのです。
回数はもちろんですが、 どんな種類の農薬を、どれくらいの量、
どんな方法で、 何時、散布しているのかも重要なんですよ!

例えば・・・ 使用する農薬の種類(どんな成分から出来ているのか?その性質など)
によって安全度が大きく異なります。

農薬は、水で薄めて散布されるため、薄める濃度によって使用量が異なってきます。

そして散布する方法 (スピードスプレヤー・手散布・スプリンクラー)
によっても使用量が大きく違ってきます。

使用時期では、散布~収穫までの期間が短い場合、残留農薬の危険性も出てきます。

でも、これだけの情報を「正確に知る」のはとても難しい事ですね。
私は園主として、実際の農園の取り組みを、
ありのまま皆さんに、伝えて行きたいと考えています。





ページの先頭へ戻る