月向農園について

散布の方法

スピードスプレイヤー
(園地約7割の梅樹の主治医)

スピードスプレイヤー

この赤い車が、薬剤散布用のSS君(スピードスプレヤー)。
農園の「走る!お医者さん」です。霧状のとても細かい噴霧が作れるので、使用する薬剤量が少なくて済みます。

テントウムシ

「似てるよね~?やっぱり似てる!」テントウムシを見ると、いつもそう思うのです。テントウムシは害虫を食べる益虫です。 そして我が家にも、梅の木を病害虫から守るSSくんがいます。

出動だ

気合を入れ、5時に目覚ましを合わせたけれど、いざ起きてみると外はまだ真っ黒・・・ 待つこと30分(じつは寝てただけ)5時半に出動です!朝夕の風の弱い時間帯がねらい目なのです。

手散布
(残り3割は体力勝負!)

手散布

SSくん(スピードスプレイヤー)が入れない斜面の畑では、こんなふうに手作業で薬剤散布をします。 急斜面の梅畑を、ホースを引っ張りながら、樹から樹へ移動するのは、はっきり言って体力勝負! 時々、草に足をとられ、滑って転ぶことも・・・ア痛テテ・・・ちなみに造成前の昔の梅畑は、すべて「手散布」でした。

Copyright© GEKKO All Rights Reserved.

page top