月向農園の直売所

きんかんの豆知識

ミカン科の常緑低木(樹高は2mほど)。
7~10月頃に花が咲き、晩秋~冬にかけて実がつき、黄色く熟する。

柑橘類の中で、最も果実が小さいので、別名をヒメタチバナ(姫橘)ともいう。

花言葉は「思い出・感謝」

日本の主産地は和歌山のほか、宮崎、高知、鹿児島で、
いずれも黒潮が流れる暖かいところ。

キンカンは、他のミカン類と違って皮を食べるのが特徴。
糖度が高いので、酸味が気にならず、皮、果肉一緒に食べられる。

栄養満点のきんかん

皮ごと食べるキンカンは「ビタミン剤」そのもの。
ビタミンを余すことなく摂取でき、機能性果実としての利用価値も高い。

ビタミンCが豊富です

(ビタミンCの宝庫といわれる「レモン」とほぼ同等の量)
潤いのある肌つくりを助け、抗酸化作用で、美白にも期待できます。
風邪を予防し、血管や骨を丈夫にしたり、ガン予防にも働きます。
ストレスに対する抵抗力を高めます。

ビタミンPの本体「ヘスペリジン」を含んでいます

ヘスペリジンは、みかん由来のフラボノイド、ポリフェノールの一種。
柑橘類に多く含まれますが、実の部分よりも果皮・薄皮に多く含まれています。
ビタミンCの吸収を良くして、毛細血管を強くする働きがある。
血中コレステロールを改善し、血圧上昇を抑制し、動脈硬化を予防する。
抗アレルギー作用や、発がん抑制作用がある。

果物としては珍しく「カルシウム」が多く含まれています

丈夫な骨や歯をつくり、神経の緊張や興奮をしずめるはたらきがある。( 80mg/100g )

発ガン抑制物質といわれる「β-クリプトキサンチン」を含みます

果皮に多く含まれるので、抗ガン作用大
(皮ごと食することで温州みかんの約4倍の摂取が可能)

咳止め効果の「シネフリン」を含んでいます

咳止め効果は果皮のシネフリンで 気管支の筋肉弛緩作用の効果によるものといわれています。

βカロテンやビタミンEも多く含んでいます

page top