梅のある生活

「青梅のしょうゆ漬け」質問集

どのくらいの熟度の梅が良いのですか?

「若く固い新鮮な青梅」をお薦め
します。触ってみて果肉が堅く、
しっかりとした梅が良いでしょう。

おすすめは「フレッシュ南高梅」

酸味が豊富で、コクがあり、
香り豊かな梅醤油ができます。

青梅

黄色くなった梅でも、作れますか?

はい。作ることはできます。
黄色くなった梅は、若い青梅より酸味が少ないため、
味にもパンチが足りないように感じます。

なお、黄色くなった梅は糖度が高く、発酵しやすいので、
保管中の管理にも注意が必要です。

ガーゼで覆うのは、何のためですか?

梅を直接空気に触れさせないことで、カビの発生を防いだり、
醤油をムラなく全体に行きわたらせる役目があります。

作ってから、どれくらいで食べられますか?

漬け込んでから、約20日ほどで梅の風味が移りますので
そのころから利用できます。

どのような場所で、保管すれば良いですか?

冷暗所で保管してください。
直射日光の当たらない、涼しい場所が良いでしょう。

醤油の風味をそこなわないためには、20日後から
できれば冷蔵庫で保存されることをおすすめします。

夏場、保管場所の室温が高いのですが、大丈夫でしょうか?

しょうゆ漬けの保管には、冷暗所が適しています。
家の中で、できるだけ涼しい場所(床下収納など)に保管しましょう。

あまり高温になってしまうと、好ましくありません。
どうしても駄目な場合は、冷蔵庫で保管するという方法もあります。

梅はいつ取り出せば良いのでしょうか?

漬け込んでから、約20日ほどで梅の風味が移りますので、
その後なら、いつ取り出しても大丈夫です。

出来上がったしょうゆは、料理に利用しやすいビンなどに・・・
取り出した梅は、タッパーなどの密封容器で冷蔵庫に・・・
それぞれ別々に保管したほうが、後々利用しやすいかもしれません。

賞味期限はどれくらいですか?

常温保存なら、2~3ヶ月。
冷蔵保存すると、約1年間、美味しく食べられます。

Copyright© GEKKO All Rights Reserved.

page top