2007/12/19

葉っぱが散って、
しかも剪定が済んだ梅の木達。
いわゆる「スッキリ」ってやつです。

12/09

今年の夏は暑かった・・・ そして秋も暑かった・・・ その暑さに耐えてきた梅の木達ですが、 ようやく葉っぱが黄葉し散っていきます。 これから開花までの間、 しばらくゆっくり休んでくださいね。 ご苦労様でした。

11/02

パチパチパッチン!
昨日も今日も明日も、
梅の木の剪定はつづく・・・。

10/23

「家で梅干しを漬けたんですが、 夏に干せずにそのままになってます。 どうしたらよいのでしょうか?」 という問い合わせがありました。 「10月下旬といえども、 日中はまだまだ暑いので、 これからでも十分干せます。 農園も天日干し中ですよ。」

10/22

こちら、和歌山のとある酒蔵から 送られてきた写真。 6月に農園から旅立った梅達が 「梅酒になったー!」もようです。 はやく見に行って、 ちょっと味見したいなー(^○^)

9/13

干場にも風が!
梅達も気持ちイイのだ。

9/13

重石を外し、 蓋を開くと、ほらね。
黄色いプルンプルンの 梅達が現れます。

9/13

夏の酷暑が終わり、 気持ちよい9月の風が 吹くようになりました。
天日干しの順番を待つ梅達は タンクの中で、 今か今かと待機中です。

9/12

もし、その雨が降っていなければ、
梅の葉はどんどん黄色くなって 落ちていきます。

9/12

「4ミリの雨で 梅の木は元気になりましたか?」
「はい、昨夜の4ミリの雨で 梅の木は元気になりました」

9/04

9月に入ってもジリジリ・・・。 最高気温は32度なんですけど、 日差しが強いせいか、 気温以上に暑く感じます。
梅達もこんがりと 日焼けした仕上がりですね。

9/01

雨除けの干し場で セイロの上に並べられて乾く梅達。 梅の里では当たり前の光景なんですが、 自宅で梅干しを手作りする方には このプラスチックセイロが入手困難だと きいたことがあります。

8/27

あつーくても、 わたしたちは大丈夫。
天日干しダイエットで 健康な梅干しに変身中。

8/10

月向山、夏の山頂からの眺め。
真夏の梅畑は、こんなふう。

8/06

ギラギラとした夏の日差しを受け、 せっせと光合成に励む梅の葉っぱ達。 その葉っぱの付け根では、 来春に咲く花の赤ちゃんが 育ち始めています。 来シーズンに向け、 梅の木はすでに進行中!

7/15

「あるある!葉っぱがちゃんとある」 台風一過で、真っ先に見るのが 梅の木の葉っぱです。 台風は本州最南端、潮岬の沖を通過。 台風の東側に当たるとはいえ、 強い風に葉っぱが吹き飛ばされないか やにこ~心配でした。

7/13

仲間がいなくなって10日。
「まだまだ落ちませんからね~」 と強気の梅の実ですが、 どうやら明日は台風のようです。

7/12

収穫後の梅の実・その1。
「家の中でお酒に漬かっている実」 毎日覗かれては、「おいしい梅酒になれよ!」と、大きな期待を寄せられている。

7/01

「採り残された実はいませんか?」
と、木の下からチェック。

6/30

木に生っている実は残り僅か。
今年の収穫もそろそろ終わりです。

6/24

どんどん収穫してきてね!

>

6/23

梅干し用超完熟梅の収穫最盛期です。

6/18

お迎えがやってきました。
さて、この梅達の行き先は?
そこで待ち受ける運命は?

6/18

一日でなんと150ミリ。
よく降りましたー。
そんな豪雨の中で、収穫された特別な梅達です。

6/15

6月に入っても 晴れの日が続いたので、
今年は紅く染まる実がおおいです。

6/14

うす黄色く実が熟してきました。

6/12

選別の毎日。
そして ガンバルおばあちゃん達

6/11

「おーい、お茶にしよ~よ」
フレッシュ南高梅の収穫もあと少し。

6/06

行儀良く並ぶ梅達の行き先は・・・

6/05

収穫がはじまりました。
先発は、もちろんフレッシュ南高梅です。
もぎはじめると、面白くてなかなか止められない。

6/03

収穫間近の今日の梅。

6/02

完熟梅の収穫用ネットを 敷きはじめました。
農園では除草剤を使用しないため、
これから一週間程で一気に敷きます。

6/01

今日から6月、いよいよ梅シーズン到来です。 おっとその前に、収穫準備を急がなきゃ。でも、作業は安全第一。防護メガネをかけての草刈はこんな感じ。

5/30

せっかく紅くなってきたのに、キズも目立たないのに、よく見ると実の一部が ペコッと凹んでたりします。
これも低温傷害の影響なのです。

5/28

先日の雨と、この気温ですから、
グングン育ってます。

5/25

5月上中旬の気温が低かったから、やっぱり平年並かな? それともこの雨で・・・・平年並みだとすると、 農園の収穫開始は6月5日頃になります。 ちなみに昨年は6月10日でした。

5/22

「赤でも緑でも、どっちでもいいから、 このキズなんとかして」って梅。
それぞれの梅に、それぞれの運命。

5/22

「一生、緑を貫くぞ!」って梅。

5/22

お日様の光を浴びて
「ほんのり赤くなってきたぞ」って梅。

5/21

今朝の農園。
収穫まであと二週間かな。

5/19

今年の5月は、晴れの日が多く、 雨量もちょうどいいのですが、 風の強い日が多いですね。
ほら、今もビュービュー吹いてるでしょ。

5/18

人に胃潰瘍があるように 梅にもカイヨウ病というのがあります。 この赤黒いブツブツね。 気温が低く、雨風が強いと 発生しやすくなります。
人も梅も「ストレスは万病のもと」ということかな。

5/17

実が大きくなってきたので、
その重みで、枝が垂れてきました。

5/17

そろそろ雨が欲しいなー、と 思っていたので、昨夜の雨は "恵みの雨"となりました。
梅の実達はスクスク育ってます。

5/15「低温傷害その後」

低温傷害でできたキズのある実は 摘み取って捨てているのですが・・・といっても畑全部は無理ね・・・その後見回りにいくと、 今までキズの目立たなかった実が、同じような症状になっているんです。 これを「イタチごっこ」って言うんですよね凹

5/12

収穫まであと20日はかかるね。

5/12

今日の梅たち

5/10

風速13メートルほどなんですけど、やにこ~吹いてます。 風で落とされた実を拾ってみると、 低温傷害の傷のある実じゃなくて、だいたい綺麗で大きな実なんですよね。こんな時って・・・。

5/08

今日の梅でした。

5/06

雨の雫。雨に濡れる葉っぱ。
よく見ると、雨を弾く梅の実。
連休最後の日は雨の一日でした。

5/02

5月最初の「今日の梅」

4/25

3月に発生した低温傷害の傷跡。

4/25

5月が近づき、日差しといい、梅の実といい、
それらしくなってきた感じね。

4/22

パラパラと雨が・・・ 今日の梅達です。

4/17

育ってる、育ってる。
急に大きくなった感じです。

4/11

今日の梅。
実を守るように、葉っぱが大きくなってきました。

4/06

小さな実は比較的キレイなんですが・・・。

4/06

この辺りは、 実が大きく育つにつれ、
傷も目立ってきています。

4/04「昨年の雹害から丸一年」

今年は雹が降っていないのに「梅の実に変な傷がついてるぞ!」が農家の間で話題です。地元ニュース http://www.agara.co.jp/ 3月の低温が影響しているようですが、今は小さな傷でも、これからどうなるのか?被害が大きくならないことを祈るばかりです。

3/30

桜シーズン真っ只中ですが、梅も負けてはいられません。
この時期、梅の新緑が 朝夕の光に照らされ黄金に輝きます。 お見逃しなく。

3/27

春雨に濡れる梅の実たち。

3/22

今日の梅の実。
生まれたてなので、 産毛がいっぱいね。

3/21

今年になって80日目は「春分の日」。
「こんな時間でも、まだ沈まない」
ずいぶんと日が長くなりました。 

3/18

顔を出した、たくさんの梅達。
個々に名前は付けられないし、
顔も覚えられません。

3/14

実1号「寒いよ~(T_T)」
実2号「知ってる?今日の気温は最低2℃/最高は11℃だって」
実3号「15℃は欲しいよな~。あぁ~、脱げちゃう」
実4号「今年は遅脱ぎ競争だから、残り物に福ありだね」

3/13

今日の梅の実。

3/11

寒いのに衣を脱いじゃった!

3/11

昨夜の雨で、梅実たちが 一気に顔を出し始めました。 例年なら、実が見える頃は 春爛漫なんですけど、 このところの気温は日中でも10度前後と、 非常に寒いわけです。 暖冬のツケがまわって来た感じですね。

 

3/08

「今朝も冷えるよね~」と思っていたら、 ついに雪が降ってきました。 梅の花に積もる雪は見てもいいですが、 梅の実に積もる雪は見たくありません。 寒の戻りはいいから、 早く春に戻ってくれ~。

3/06

ニョキニョキ 芽がでてきましたね。

3/02

花びらが散った後は、 赤いガクをめでるもよし。
「今日は4月2日?」
カレンダーくん「今日は3月2日です」
「家の中より、外の方が暖かいんだけど、これって4月じゃないの?」
カレンダーくん 「ぼくはカレンダーとしての立場から申し上げているだけです」

3/01【農園の梅の花は、ほぼ終わりね】

「今日は、もしかして4月1日?」
カレンダーくん「今日は3月1日です」
「でもね、体感は4月なんだけど・・・」
カレンダーくん「だから今日は3月1日って言ってるでしょ」
「君を信じてないわけじゃないんだけど・・・」

2/25

花はかなり少なくなってきて、
枝先で踏ん張って咲いている感じ。
最後までガンバレー!

2/23

午前中に雨が上がり、天気が回復した眺めは、 「今年の梅花シーズンはお終い!」って感じですね。 ちなみに、昨年は今頃が満開でした。
2006/2/23の日記

2/22

今日の農園。
残る花は、枝の先だけとなりました。

2/20

花は少なくなってきたけれど、 もうちょっと!う~ん今週一杯!!は楽しませてね。

2/18

山間部・平野部ともに だいぶ散りました。
この週末は、残った花で 楽しみましょう。

2/14

予報通り大荒れの天気です。
せっかく満開だったのに、
この風雨で花が散っていきます。

2/12

南部梅林では 満開の梅の木が並ぶ。

2/12【青空の下】

気持ちいい空なのでもう一枚。

2/12

もっと近くに寄ってみました。

2/12

梅の花を楽しみましょう。

2/12

お天気良し!朝の農園です。

2/10【見頃ですよ~】

せっかくなので、拡大画像を大きくしてみました。 左の画像をクリック!
花スペシャル版をどうぞ。

2/08

「おとーさーん。梅干しの容器が足りないよー」
「いっけねー。急いで取りに行ってくるわぁ。」
ということで、月向山を下る道すがら。

2/08

ひっそり咲くのもよし。

2/08

咲き乱れるのもよし。

2/07

もう一枚。 農園は7分咲きかな。

2/07

今日の花

2/07

デッキからの眺め。
白い畑が増殖中であります。

2/06

おぉ~、農園も白くなってきました。
もう5分咲ですね。

2/05【ほんとに2月?】

日中の気温16度、風速2m。絶好のフライト日和です。
彼らの任務は、梅の花粉を集めること。その集めた花粉が、巣箱で待っている幼虫達のエサになります。って、幼虫が花粉を食べているところを見たわけではありません。養蜂家が言ってたもんで受け売りです。
20:20 気温が10度ありますこれで一気に咲くしかない!

2/03

今日の花 陽気に誘われ、一気に咲き始めました。
山間部は3分咲き、 平野部は5~7分咲きです。

2/02

月向山の麓(ふもと)、
早い畑では5分咲きです。

1/30

「今日は3月中旬の陽気なんですって。仕方ありませんね。でも、明後日から かなり寒くなるそうですよ」と、お答えしました。

1/30【陽気に誘われて】

「ちょっと暑いんですけど。ジャンパー脱いでいいですか?」 って梅の花に訊くと、
「私も暑いと思ったんですよ。開いてもいいですよね?」 と訊かれたので、

1/27【赤・白・黄いろ】

蕾から白い花びらが顔をだし、その花びらの隙間から 黄色い花粉がチラッと見えています。
いよいよ観梅シーズン到来ですね。

1/26【ヘッドライトアップ】

暗闇にライトアップされたのは・・・「雪?じゃないよね」 昼間の気温が高かったせいもあり、 月向山の麓は花が咲き始めました。
この時期、夜に車で走る醍醐味です。

1/25

咲き始めた枝が、ちらほら。

1/25【赤から白へ変身】

蕾から白い花びらが見えてきました。

1/19【平均的つぼみ】

今日の蕾。ポツッ、ポツッっと咲き始めたとはいえ、 平均的な蕾はまだこんな感じです。
本格的な咲き始めは 来週末になりそうですね。

1/18

農園はというと、
南向の一番暖かな畑で一輪咲きといったところです。

1/18【ぼちぼち咲き始め】

咲き始めましたね~。 って、うちの畑じゃないです。 例年、あまり風の当たらない標高の低い畑から先に咲きはじめます。

1/13

近づいて見ると、やはり園内で今年最初に咲いた 一番花です。
今シーズンは暖冬の影響で、蕾の膨らみが早く、 花の見頃も早そうです。

1/13【一番見っけ!】

おや、梅の枝に白いものが!
「ひょっとして?」「もしかして?」
それとも「やっぱり一番花?」

2006/12/21

蕾A子さん「覚えてる?昨年の今頃って、 寒波の総攻撃とかで毎日ブルブルしてたわよね」
蕾B子さん「今年は暖かいわ。雨もよく降るし、いつもの年よりちょっと体重オーバーかしら?」
蕾C子さん「あまり早く膨らむと農園のご主人心配するわよ」

ページの先頭へ戻る