トップページ>農園やにこ〜日記
梅の樹
農園やにこ〜日記
S.V.Menu
2010年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2009年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2008年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2007年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2006年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2005年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2004年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2003年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2002年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2001年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2000年
8月/ 9月
10月/11月/12月
やにこー日記
Back Number
栽培家から
ひとこと
ニコニコ 各画像をクリックすると スペシャルバージョン日記が見られます
このページに載ってない
秘密の写真が見られるかも!?
  2004年4月30日(金) 車検月
プルプルプル「毎度!車屋です。そろそろ車検ですよ。いかがしましょう?」
栽培家の車も10年を超え、あちこちガタが出てきたので、車検が怖くなってきました。
今回は、幸いクーラーとドアの修理程度で事なきをえましたが、この続きが・・・

カミさんの車(こちらも10年超え)が、最近「ゴーゴー」とエンジン付近から
音がするので、ついでに診てもらうことにしました。
エンジンをかけ、少し走らせてみた車屋さんの表情は、とても険しいものでした。
「う〜ん、帰ってよく見てみます」、そして一時間後、
プルプルプル「毎度、車屋です。ミッションが壊れてますねー いかがしましょう・・・」
ガーン!! なんで車検月に壊れるんだよ!!懐がトホホホ・・・・です。
  4月29日(木) VIPの視察
「ここが日本一の梅の村か!
 おっと、上着どこいったかな?
 今日は暑いし、まぁいいや。
 私も政治家のトップなんだから
 やはり健康が一番だな!
 帰ったら、もっと梅食べるか」
  ・・・・・と言ったかどうかは??
  さて、誰だ??
  4月28日(水) 落ちても役立つ
「えぇ〜!!強風で実が落ちたの?」
確かによく吹きましたが、ご心配なく。
まだまだ実が小さいので、風では落ちませんよ。
実をつけすぎた梅の樹が、栄養のバランスを
とるために、自分で実を落とすのですよ。
この現象は生理落下と呼ばれます。
樹は楽になるし、落ちた実も木の栄養になります。
  4月27日(火) 風のバカヤロー
「ボキッ!!あっ痛っ!」
これから伸びようと思ったのに、
折れちゃったよ(T_T) 風のバカヤロー!!
昨夜から今日にかけて、農園では
とても強い風が吹き荒れました。
この時期の新梢は、生まれたばかりで、
木質がまだ弱く、風に耐え切れず、
折れてしまうことがあるのです。
  4月26日(月) あと40日
1・もっと雨が欲しいな・・・梅の木がノド乾いてるの
2・気温が低いな・・・カイヨウ病が発生しやすいの
3・強風は勘弁してくれよな・・・新梢が折れるの
4・そろそろ害虫が心配だな〜・・・

収穫まであと40日、栽培家の気になることでした。
  4月25日(日) もうすぐGW
今日もちょっぴり寒いです。
空を見上げれば・・・
「ヒコーーキに乗って
 どこかへ行きたくないかい?」
梅の木を見れば・・・
「私達の収穫が終わるまで、
 どこにも行かないで、目を離さないで!」
そんなささやきが聞こえます。
  4月24日(土) もう一枚
ブルッ、おー寒っ。
今日は全国的に寒いようですね。

Tシャツの上に、もう一枚着て
庭のお手入れです。
ホラホラ あくびなんかして!
夜更かしでもしたかい?
  4月23日(金) 覚悟
「この黒い点は、なぁに?」
ハイ、これが「かいよう病」です。
3月19日に、ボルドー液を散布していますが
やはり今年は、発生時期が早く、
かいよう病にかかる梅の実も多いようです。
一般的には、ボルドー液の他に、
抗生物質を使ってこの病気を防ぎますが、
農園では、抗生物質を一切 使用しません。
その分、かいよう病の発生を、ある程度、覚悟しなくてはなりません。
  4月22日(木) 似てる?
「似てるよね〜〜?」
「やっぱり似てる!」
テントウ虫を見ると、いつもそう思うのです。
テントウ虫は、害虫を食べる益虫です。
そして我が家にも、梅の木を病害虫から守る
コイツがいます。コイツって誰?って
気になる方は、画像をクリックしてにゃ→
  4月21日(水) 4回目 これで終わり
「こんな暑い日に、カッパ着て何やってんの?」
SSくんが入れない斜面の畑では、
こんなふうに、手作業で薬剤散布をします。
ホースを引っ張りながら、急斜面の梅畑を、
樹から樹へ移動するのは、ちょっと大変なのです。
草で滑って、転ぶことも ・・・ア痛テテ・・
今回も、3回目と同じ「水和硫黄剤」です。
これで、今年の薬剤散布も、お・わ・り!
  4月20日(火) 生長
梅の新梢(しんしょう)が伸びてきました。新梢とは、今年新たに伸びた枝のことです。
そして枝の先端。ココの中に生長点があり、
栄養分が、たっぷり支給されています。
問題は、この栄養分を狙って、
害虫(アブラムシやスリップス)が
集まってくることです。
私は、「来るな(▼▼)」と、
いつも脅かしているんですが、
きっと、やにこ〜美味しいんでしょうね。
  4月19日(月) 雨量が気になった日
昨夜、TVの天気予報では・・・
 ”降るぞ、やにこ〜降るぞ。近畿南部は100〜150ミリの大雨じゃ!”
 「そんなに降らなくていんだけど」
今朝、ヤフーのお天気情報では・・・
 ”あんたの村は、午後から60ミリ降るぞ。今日はこれぐらいにしといてやる”
 「ちょっと多いけど、ま〜いいや」
そして夜・・・
 「あれ!今日って、そんなに雨降ったっけ?」 総雨量をチエックしてみると25ミリ。
 「う〜ん、もうちょっと降って欲しかったな〜」
  4月18日(日) 今年は泣かないぞ!
生まれたばかりの 梅の実を覚えてますか?
トンガリ型でしたよね。あれから1ヶ月余り・・・
ほら、ご覧のとおり、
丸々と梅の実らしくなってきたでしょ。
青梅の問い合わせも、多くなってきました。
「今から予約できないの?」の声もありますが、
ゴメンナサイ。ご予約受付は、
5月連休明けよりスタートとなります。
昨年は、梅には史上最悪の天候になり、正直泣きました。今年こそ!!!
  4月17日(土) スプリンクラーの番人
この時期、あたりの梅畑では
スプリンクラーによる農薬散布の
光景が見られます。
月向農園では、使っていませんが、
急傾斜地での作業には、短時間で
しかも楽に散布できる方法です。
よーく見ると、スプリンクラーが
ちゃんと作動しているか見張っている
人の傘が見えるでしょうか?見えない方は、画像↑をクリックしてにゃ^^
  4月16日(金) 新緑に軽トラック
今日は、半袖でも良いぐらいの暑さでした。
梅畑の周りを囲む木々の新緑も、眩いです。
その下を走る軽トラックも、気持ち良さそうです。
普段は静かな山の上の畑道も、
車の往来が頻繁になってくると、
収穫が近づいてきたんだな〜と実感します。
  4月15日(木) 筋力トレーニング
肥料を撒くのに欠かせない道具
「バケツとお椀」です。
パタパタ君(小型ダンプ)から樹まで
肥料を運ぶのに「バケツ」。
木の周りに肥料を撒くのに「お椀」。
これが長年、肥料撒きをしながら、
たどり着いたスタイルです。
以前は、肩掛けの容器を使っていましたが
紐で肩が擦れて、ヒリヒリしました。バケツには、7kgほどの肥料が入ります。
肩がヒリヒリすることもなく、筋力トレーニングもできて、一石二鳥です。
  4月14日(水) 待ち伏せ
ここ3.4日、梅畑に三羽のカラスが居ついています。
畑の上空を旋回したり、梅の枝に停まったりして
なかなか離れようとしないので、不思議に思っていました。
今日、草刈りをしていると、
草むらから、ウサギの親子が飛び出してきて
僕の目の前を、走り去っていきました。
次の瞬間、急降下してきて
子ウサギの跡を追ったのがカラスでした。
もちろん、ウサギたちは逃げ切りましたが、カラス達は 待ち伏せしていたわけですね。
これで謎が解けたわけですが、子ウサギさん、無事に大きくなってよ!
  4月13日(火) スクスク
日増しに、実が大きくなってきたぞ〜
ん?そりゃーもう、4月も半ば、
収穫まであと50日だからね。
今夜の天気予報を見ると
雨マークが出ています。
雨をもらって、また一回り
大きくなることでしょう。
  4月12日(月) 伸びれば刈られる運命
草が伸びてきたので、
一度刈っておきましょう。
この草刈カートだと、低い枝の下や
株元近くまで刈れるんですよ。
このまま放っておくと、
低い枝になっている梅の実が、
草と擦れて、傷が付くことがあります。
  4月11日(日) 風よ吹け!
我が村には、ダムが一箇所あります。
このダムの水は、飲料用ではなく農業用。
日照りの時、梅畑を潤してくれるのです。
梅にとっては、恵みのダムですね。
そして、この季節になると、
ダムの上でこいのぼり達が泳ぎ・・・
というか、今日は風がないので、
垂れ下がっていますね(^_^;)
  4月10日(土) 永遠の住処
畜産家から 分けてもらっている堆肥です。
はるばる三重県からやって来ました。
先ずは、パタパタ君(小型ダンプ)に乗って
梅の木まで運ばれます。
スコップで木の周りに撒かれると、
彼らの旅も終わりです。
これからは、農園の土が住処となります。
  4月09日(金) 種の行く末
梅肉を取った梅の種を、加工業者から
もらってきて、肥料にしています。
こうして梅の種は、再び土に還っていきます。
この袋に一体、何個の種が入っているのやら?
こうやって「畑の肥料」になる種もあれば
「人形」になる種もあるんですよ。
どんな人形か見たい?クリックしてにゃ→
  4月08日(木) 新学期
桜の花舞い散る道を、
新学期を迎えた子供達が歩きます。
「どんな先生が担任になるのかな?」
「友達と一緒のクラスになれるかな?」
毎年変わらぬ心配をしています。
一方、畑の栽培家は
「これから収穫までどんな天候になるのかな?」
「病気が発生しないかな?」
こちらも毎年変わらぬ心配をしています。
  4月07日(水) 日本広しといえども
春休み最後の日。子供達が、
山から「アケビ」の花を
採ってきました。
「ママにプレゼントするの」
さっそく花瓶に生けて、テーブルの上へ・・・
まー「アケビの花」を飾っているお家なんて
日本広しといえども、なかなか無いでしょう。
  4月06日(火) 平均時速4キロ
パソコンのように、壊れて困る農機具の一つが
薬剤散布用のSS君(スピードスプレヤー)です。
8年物中古を譲り受けて、6年が経ちました。
走行メーターを見ると、
1000時間で4000キロです。
平均時速4キロで走ってるのか!
あと10年、頑張ってほしいな〜。
  4月05日(月) 静音
ちょうど4年前、このHPを作ろうと思って買ったパソコンが、ついに壊れました(T_T)
我が家のパソコンは、
いつも友人に、組み立ててもらっています。
その度「静かなパソコンが欲しい」と注文します。
今日、我家にやって来たnewパソコンは、
ホントに電源入っているの?・・と思うほど
音がしません\(^O^)/ そんな喜びも束の間、
今まで一番静かだと思っていた別のパソコンが
妙にうるさく感じはじめたのです。
  4月03日(土) 3回目スタート
梅の実は、まだまだ小さいですが、
ウドンコ病の予防に、水和硫黄剤を散布しました。
「水和硫黄剤」は日本農林規格により、
有機農産物に使用できる薬剤です。
ウドンコ病にかかった梅の実は、表面に
白い粉が噴き、果肉が固くなってしまいます。
我が家の梅畑のように、標高が高く
乾燥する畑に、発生しやすい病気なのです。
  4月02日(金) 好きな季節
ほ〜ら。梅の木の芽吹きと共に、
農園からの眺めも、
緑の世界になってきましたよ。
これからが、私の一番好きな季節です。
子供たちは新学年・・梅の実は育ち盛り・・
なにか良いことがありそうな・・
そんな予感がする季節です。
さて、あなたの好きな季節は? 
  4月01日(木) 実
さぁー4月に入り、春本番ですね。
梅の実も、出揃ってきました。
あと2ヶ月もすると、収穫が始まりますからね。
これから、日に日に大きくなっていきますよ。
さて、今年はどんな梅に育つかな?
Copyright(C) GEKKO FARM All rights reserved. Reproduction in any form prohibited.
月向農園のトップページへ戻る