トップページ>農園やにこ〜日記
梅の樹
農園やにこ〜日記
S.V.Menu
2010年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2009年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2008年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2007年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2006年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2005年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2004年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2003年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2002年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2001年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2000年
8月/ 9月
10月/11月/12月
やにこー日記
Back Number
栽培家から
ひとこと
ニコニコ 各画像をクリックすると スペシャルバージョン日記が見られます
このページに載ってない
秘密の写真が見られるかも!?
  2004年6月25日(金) また来年
静かになりました。軽トラックの往来も減り、
畑から運搬車のエンジンの音が
聞こえなくなりました。
周りの畑も、今年は終わるのがとても早いです。
やはり台風が収穫終了のホイッスルになりましたね。
収穫用のネットも、キュッと木の株元に束ねられ、
片付けは終了。また来年ね!

  6月24日(木) 漬け込み終了
今年の漬け込みも、いよいよ終わりです。

もっと収穫を続けて、
もっと漬け込みたかったんだけどなー。

もう木に成ってないものはしょうがないよね。

梅の木たち、ご苦労様でした。
  6月23日(水) 手間要らず
「梅干用の完熟梅が届きました。
軸まで取って頂き、ありがとうございます」
と、お礼のメールを頂きます。
もちろん、私が軸を取ったわけではありません。
樹上で熟成した完熟梅は、樹から落ちる時、
自然に軸を木に残して、実だけ落ちるのです。
それで、このようにスッキリとした姿になるんです。
軸を一個一個取っている私の姿を、想像しないでね。

  6月22日(火) 木陰の値打ち
昨日の台風とは、うって変わって夏のような天気です。
気温もグングン30度近くまで上がりました。
でも、木の下に溜まった梅の実は
木陰で暑くないようですね。
で、その木を見上げると
あらら・・・収穫も一気に終わりに近づいたような。
さぁ、もう一分張りです。
  6月21日(月) 来ました、吹きました、落ちました。
四国に上陸し、関西を貫いた今回の台風6号。
暴風圏の東側に当たった和歌山は、
強烈な風と雨に、見舞われました。
台風の最中、収穫をしていたのですが
梅の小木は、なぎ倒されるわ・・・
葉っぱは、どんどん吹き飛ばされるわ・・・
実は落とされるわ・・・・
幸い、吹き返しの風が弱かったので
大事に至らずに済みましたが、

さすが申年!すんなりと収穫を終わらせてくれませんね。
  6月19日(土) 農薬について
今年も、5月連休明けからの悪天候の影響で、梅の実にスス模様が出ました。
「農薬を使用すれば、ススは出ないし、綺麗な実なるのに、どうして使わないの?」
・・・では今日は、そのお話をしましょう。

梅作りを始めた当初、私は大きな疑問も抱かず、
周りの農家と同じように、
収穫前に農薬を使用していました。
ススはもちろん、他の病気についても
「あの薬が効くらしい。やっぱりアレやで!」
と、効くものがあれば、何でも試してみました。
当時は、すべて手散布だったので、

梅だけでなく散布する自分自身も、かなり農薬を被っていました。
一日中、農薬散布をすると、薬が効いてクラクラ・フラフラの状態でした。

しかしその頃、自分自身の体調の変化に気が付いたのです。
収穫時に風邪をひいたり、明らかに夏風邪にも かかりやすくなりました。
農薬の中には、抗生物質が含まれているモノもあるので、
その影響で、免疫力が低下したものと考えました。

そこで、農薬を少しずつ減らすことにしたのです。
そして一番最初に減らしたのが「収穫前のスス病予防の農薬」だったのです。
幸い、園地の条件が良くて、
「なんだ。農薬使わなくても ススなんかこないやん。
じゃあ次は、殺虫剤を一回減らそうか」・・・・と、こんな具合に
使用する農薬や散布回数がどんどん減り、現在に至りました。

農薬を減らすと、不思議と梅の病害虫が減ってきます。
そして当然、私自身 体調を崩すことも無くなり、ほとんど風邪をひかなくなりました。

もちろん、天候が悪すぎると、昨年や今年のようになるわけですが
「ススなんてほとんど気にならないよ」
の皆さんの声に支えられて、今日も梅栽培を続けています。感謝!!
  6月16日(水) ネ-ミングが・・・
今年は、梅干を漬ける塩に
福島の海水塩を使っています。
癖のない良い味なのでコレに決めました。
ただ、商品名が「紀州梅塩」・・・・・
紀州梅干用に作られたという塩なので、
それはそれでいいのですが・・・・
他に名前 なかったのかな?
  6月13日(日) 思い出とともに
ひさしぶりの気持ち良い晴れ間の下・・・
焼酎を注ぐその瞬間がたまらないんですよね。
漬けるのを楽しんで、眺めて楽しんで、
我慢を楽しんで、飲んで楽しんで、
違いを楽しんで、そして思い出を楽しめる梅酒!
さて「マイ梅酒」をお持ちのあなた。
その梅酒を漬けた年の思い出は?

  6月12日(土) 年に一度の梅休み
娘1「まだ、梅の選別しないの?」
娘2「ねぇねぇ、まだ??はやく手伝いたいな!」
栽「いつもの土曜日なら、朝からテレビ
   見ているくせに、今日の子供達は変やな!」
ママ「今日は学校の梅採り休みだって」
あーー、納得しました。私が小学生の時にも
家の農作業を手伝う梅休みがありました。
それがずーっと続いているんですね。
  6月11日(金) 悪天候
台風ー?何で今頃台風ー?? 幸い、和歌山に近づいた頃には、
温帯低気圧になりましたが、雨はしっかり降らせてくれました。
しかし、これだけ雨の日が多いと、さすがに「恵みの雨」にはなりません。
今年も昨年同様に、連休明けから一ヶ月ちかく、梅雨のような天候が続いています。
本来ならこの時期は、一年のうちでも一番晴れる時期なのに・・・。
経験則というものが、役に立たなくなりつつある昨今です。
  6月10日(木) NG
「今のカメラ目線でしたよ、すみませんもう一回」
おばあちゃんと子供達が主役とはいえ、
最後は私のインタビューです。
取材班の方々、4日間ご苦労様でした。
「ところで、いつ放送されるの?」
はい。7/11東海テレビ「ふるさと紀行」
という番組で流れます。残念ながら
東海地方でしか見られませんのであしからず。

  6月09日(水) シロップおかわり
取材のメインイベント、シロップ作りです。
おばあちゃんと子供達が、力を合わせて
美味しいシロップを作ります。
もちろん作るだけでは子供達は満足しません。
お手伝いをした後は、梅ジュースで乾杯です。
でも「すいません、もう一回飲んで!」との
取材班の声に、おかわりすること3回。
さすがに梅ジュースで、お腹一杯になったようです。
  6月08日(火) いい匂い
予報どおりの悪天候が続いています。
雨と雨の合間を縫って
青梅の収穫をしているのですが、
なかなか、はかどりません。
ご予約いただいている皆さん、
もうしばらくお待ちください。
今日から、塩漬けも始まりましたよ。
甘酸っぱい香りが、やにこ〜イイ匂い!

  6月07日(月) 逆取材
「おっ!いきなり撮ってる。」
某TV局から取材班が、我家へやって来ました。
これから3日間、密着取材だそうです。
どんな番組に仕上がるのか!?
気になるところですが、スポットは私・・・・じゃなくて
おばあちゃんと子供達に当たるそうです。ハイ(^^;)ゞ
私はというと、収穫の合間に
カメラで取材班を追います。
  6月06日(日) 発送
いつもは柔らかい梅干を扱っている女性軍も、
この時期は固い青梅の発送です。
「あれれ、勝手がちがう?こういうのって、
慣れた頃に終わるんだよね。」
それにしても、やにこ〜蒸し暑い日が
続いています(~_~;)
梅たち!クール便の旅で良かったね。

  6月05日(土) 初日
「どれどれ、香りはどうかな?」
いよいよ梅酒用青梅の収穫が始まりました。
この一ヶ月。曇りや雨の日が多く、
品質が心配でしたが、香りはまずまずです。
でも、やはり紅色は少ないですね。
来週末までに、梅酒用の収穫を終える予定ですが、
予報では、ずーーーっと曇や雨の模様です(T_T)
いよいよ梅雨入りなんでしょう。
Copyright(C) GEKKO FARM All rights reserved. Reproduction in any form prohibited.
月向農園のトップページへ戻る