トップページ>農園やにこ〜日記
梅の樹
農園やにこ〜日記
S.V.Menu
2010年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2009年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2008年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2007年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2006年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2005年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2004年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2003年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2002年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2001年
1月/ 2月/ 3月
4月/ 5月/ 6月
7月/ 8月/ 9月
10月/11月/12月
2000年
8月/ 9月
10月/11月/12月
やにこー日記
Back Number
栽培家から
ひとこと
ニコニコ 各画像をクリックすると スペシャルバージョン日記が見られます
このページに載ってない
秘密の写真が見られるかも!?
  2006年9月30日(土) 一匹から二匹へ
検問所で車両通行証と立入証をもらって、やっと着いたANAの貨物センター。
高松発→羽田経由→関空着の
黄色いバスケットを受け取る。
フライトの疲れから
ぐったりしているかなと思いきや、
「はじめまして、これからよろしくね!」
と元気よく挨拶する農園の新しい仲間、
その名は「カノン」。
  9月28日(木) この鳥なんのトリ?
梅蔵に鳥が迷い込んできました。
「なんだここは?」
「どこから外に出られるんだ??」と、
天井を飛ぶばかりで
なかなか下に降りてこない
ちょっとおバカな鳥です。
  9月27日(水) 計をのぞけば
取り出したるは糖度計。
これで梅干しの乾き具合を調べます。
梅干しの果肉をちぎって
乗せるだけ。
中を覗くとホラ!
33〜34パーセントぐらいになれば
ちょうど良い干し上がり。
  9月25日(月) めずらしくバスに・・・
えーっと、今ね、バスに乗ってます。
見慣れた我が町ですが、
車を運転していては撮れない、
車窓からの風景をお届けします。
←流れるは「南部川」ね。
・・・「南部」と書いて「みなべ」・・・
この川の名前にちなんで
町村合併する前は「南部川村」だったのね。
  9月24日(日) 秋実感
気温23度
「秋だー!」って感じる農園の朝です。
近くの梅畑では、
秋冬の作業、剪定がはじまりました。
  9月22日(金) フライング
「咲いていいのかな?
 まだ暑そうなんだけど」
ベランダにある鉢植えの梅の木、
しょぼいですが
花を一輪咲かせました。
4ヶ月も早いフライングです。
夏の暑さで葉っぱが早く落ちたため、
春だと勘違いしたようです。
  9月20日(水) 燃えるゴミの日
「燃えるゴミの日」といっても
とにかくここは山の上。
収集場所まで片道1kmあるので、
歩いては持って行けません。
一個のゴミ袋を軽トラックに乗せ
ガソリンを燃やして運びます。
  9月19日(火) アフター5
涼しくなったところで、
アフター5は畑で草刈です。

カートのスピード感と
刈っていく爽快感が
一日の疲れを癒してくれます。

ただ、頭や顔、身体にクモの巣が・・・。

  9月18日(月) どれくらい干すの?結
天日干し三日半経過。
計量結果は
40g→34g→30g→28g→26gへ。

『もういいかい?』
その答えは「もういいよ」

重量を目安にするならば、
梅の重さが干す前の65パーセント前後に
なれば梅干し完成です。

  9月16日(土) 傘をさしての応援
小雨のなか、運動会がはじまりました。
早回しの進行のおかげで、
午前中に全てのプログラムが
終了しました。
台風が近づいているというのに
午後には天気が回復。
オイオイ!といったところです。
  9月15日(金) どれくらい干すの?起
「天日干しって
 どれぐらい干したら
  いいのでしょうか?」

こんな質問が多いので、
計を使ってご説明します。

サンプルの梅の重さは40g、
さぁ、これから天日干し開始です。

  9月14日(木) タンクからセイロへ
塩漬けタンクからの梅出しです。
ちなみに、このタンクは3000リットル。
他にも4000リットル、2000リットル、
1000リットルが並んでます。
セイロに並んだ梅達、
次の干し場まで
しばしこの状態で待機。
  9月13日(水) 梅畑の上で
当地にインターチェンジが
出来て、はや3年。
道は、梅畑の上を南に伸びていきます。
とにかく、この天気。
稲を刈り、天日で乾かそうと
するもののワラは青いまま
全然乾かないようです。
当然、梅も乾きません。
  9月12日(火) 梅シロップで談話
「こんにちは、お久しぶりです。」
『やぁ、お久しぶりです。
  まーどうぞ上がってください。』
「今年はどうでしたか?」
『近頃の雨って、降りだすと止まらないし、
止むと今度はなかなか降らないでしょ。
肥料を撒くタイミングと量がね、難しいのよ』
梅ジュースを飲みながら、肥料屋さんとの談話中も、、、外はやっぱり雨。
  9月11日(月) 食べ合わせ
お昼ごはんは、うな丼でした。
もちろん、梅干しとの
食べ合わせです。
※美味しすぎるので、
 食べすぎにはくれぐれもご注意を!
  9月10日(日) ボクの背中に何してんの?
この部屋、この診察台。

聴診器に体温計・・・そして次は?

犬ながらに蘇る記憶。

ボクの背中に何してんの?

  9月09日(土) 300mダッシュ
南から雨が迫ってきます。

もうすぐ濡れます。
こりゃー、雨宿りできる
向かいの倉庫まで
300メートルダッショだな。

  9月08日(金) 日課・今日の詰める人
天日干しの時期は
朝の梅返しが日課になります。

ほんのり汗をかくので、
気持ちがいいですよ。
朝のジョギングみたいな
もんですかね。


急遽、担当のお姉さんに代わり
パック詰めをすることになりました。
私の手によって詰められた
3年もののすっぱい梅干達、
樽の中でずーっと
寝かされていたわけで、
やっとの出番に
なんだか嬉しそうです。
  9月07日(木) 局地的集中豪雨
一晩で犬用プールが
満水になりました。
およそ140ミリの雨量です。

局地的集中豪雨?

  9月06日(水) 雷が鳴ったら
ゴロゴロ、ピカピカと、
えらく外が騒動しいです。
こんな時は、パソコンの電源を
落としましょう。シャットダウン!
パソコンの電源は
落とした方がいいけど、
デジカメは大丈夫だよ。
稲妻めがけて、パシャ!
  9月05日(火) 完熟梅のジャム
グツグツグツ・・・
カレーじゃなくて、
完熟梅を使ったジャムです。
種は取らず、実をそのまま
煮詰めるのがポイント!
今日は30kgのジャムが出来上がり
ましたが、カミさんの一日も、
これで終わりました。
  9月04日(月) まあ、そんな感じ
「やっと過ごしやすくなったけど、
 この夏もやにこー暑かったね!」
「20日以上雨が降らないんだもん、
 もう駄目かと思ったわ」
「もう安心、冬に備えて
 栄養を蓄えましょ」
梅達の今の気持ちは、
まぁ、そんな感じ。
  9月03日(日) 防災訓練
朝8時、「訓練、訓練、こちらは防災みなべ町。
当地域において、震度6弱の地震が発生。
県下全域に津波警報が発令されています。
住民の皆さんは直ちに避難をしてください」
の放送を合図に、避難場所に集合。
今年の防災訓練は、消火栓からの放水体験。
「おかあさん、ガンバレー!」
  9月02日(土) 中毒みたいなもんです
ハウスの中は、
梅の香りが充満しているので、
入るの大好きです。
う〜ん、
甘酸っぱいイイ香り。
これだから天日干しは
止められません。
まぁ、中毒みたいなもんです。
  9月01日(金) 目立つもの
塩漬けから2ヶ月が経過。
今日からいよいよ天日干しです。
で、やっぱり、雹のキズが目立ってます。
昨夜からの雨で、プールの水深が4cm
から8cmになりました。
ということは、40ミリの雨量が
あったことになります。
簡易雨量計にもなる犬のプール。
Copyright(C) GEKKO FARM All rights reserved. Reproduction in any form prohibited.
月向農園のトップページへ戻る