なんでも梅学

いなべ市農業公園
なばなの里
不動梅林
南部丘陵公園
菅原神社
鈴鹿サーキット・万葉の森 魚半楼の盆梅
木の館 豊寿庵 伊勢温泉ゴルフクラブ
結城神社
リベラルパーク青山 青砥梅園 白銀梅林(片田梅林)
赤目町長坂梅林 岡山の田口邸梅林園 斎宮歴史博物館
新開臥竜梅公園
小船の梅林

三重県

結城神社 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo ゆうきじんじゃ(三重県津市)
後醍醐天皇を奉じて「建武新政」の樹立に貢献した結城宗広公を祀ってある。
結城宗広公の立派な墓碑があり
華麗なしだれ梅でも有名。
約400本
(しだれ梅300本・紅白梅100本)
見頃は2月中旬~3月中旬。
Web 津市観光協会
   
リベラルパーク青山 詳しいホームページへGo! りべらるぱーくあおやま(三重県津市)
青山高原の麓にある、四季折々の花々を楽しむことができる公園。
地元名物のあまご・鰻料理・
自然薯料理も味わえる。
約750本
(しだれ梅500本・紅白梅250本)
見頃は3月上旬~4月上旬。
Web リベラルパーク青山
 
白銀梅林(片田梅林) 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo しろがねばいりん・かただばいりん(三重県津市)
津市片田地区は県下最大規模の梅の産地。谷の傾斜面一面を梅が埋め尽くす。
梅は収穫用に植栽されており
農家の善意により無料開放。
約450本
見頃は2月下旬~3月上旬。
Web 片田梅林
   
青砥梅園 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo あおとばいえん(三重県津市)
個人が経営している梅園。多くの人が楽しめるよう、花の時期は一般開放されている。
約170本
(白加賀・南高梅など)
見頃は2月中旬~下旬。

Web ぶらっ人
伊勢温泉ゴルフクラブ 詳しいホームページへGo! いせおんせんごるふくらぶ(三重県津市)
身体障害者授産施設「風早の郷」の利用者たちと職員が造園活動。
「福祉と環境を融合した花園」
約680本(45種類)
見頃は2月~3月。
Web 伊勢温泉ゴルフクラブ
 
なばなの里  詳しいホームページへGo! なばなのさと(三重県桑名市)
豊かな自然と多彩な施設が調和した広大なオアシス。
3000坪の梅苑には樹齢100年
を越える梅の古木もある。
約480本
(しだれ梅330本・紅白梅150本)
見頃は2月中旬~3月上旬。
Web なばなの里
   
いなべ市農業公園 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! いなべしのうぎょうこうえん(三重県いなべ市)
38haの梅林公園には梅の実が収穫できる梅林と花梅を中心とした庭園がある。
東海エリア最大級の梅林公園。
広大な鈴鹿山脈と梅林を一望!
約4500本(100種類)
見頃は3月中旬~3月下旬。
Web いなべ市農業公園
Web 三重の里
   
南部丘陵公園 詳しいホームページへGo! なんぶきゅうりょうこうえん(三重県四日市市)
丘陵地の里山を生かして整備を進めている四日市市最大の総合公園。
公園の周囲を含め約3000本
もの梅が花を咲かせる。
「日永梅林」復活梅まつり開催。
見頃は2月上旬~3月下旬。
Web 南部丘陵公園
   
不動梅林 詳しいホームページへGo! ふどうばいりん(三重県四日市市)
鈴鹿山脈の山並みを望む不動梅林。数百本の梅がのどかな景を呈す。
「ひよどりおかの梅林」
の名で親しまれている。
(青軸・南高・白加賀など)
見頃は2月中旬~3月中旬。
Web かんこうみえ
 
岡山の田口邸梅林園 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! おかやまのたぐちていばいりんえん(三重県松阪市)
松阪市郊外岡山町にある田口登美男さん宅の梅林園。
総数200本もの梅があり、
特にしだれ梅の見事な
彩りは見応え十分。
見頃は2月下旬~3月上旬。
Web かんこうみえ
Web 松阪市観光協会
 
木の館 豊寿庵 詳しいホームページへGo! きのやかた ほうじゅあん(三重県伊賀市)
石庭と調和する約200本のしだれ梅。100~200年級の老木大小80鉢の盆梅展も開催。
しだれ梅 3月下旬~4月上旬
盆梅展 1月中旬~3月
盆梅は近畿東海最大級。
Web 木の館
   
新開臥竜梅公園 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! しんがいがりゅうばいこうえん(三重県伊勢市)
菅原道真が伊勢神宮に冤罪が晴れるよう祈願し、家臣に植えさせたという梅。
新開地区の人々が
保存会を作り守り育てている。
見頃は2月下旬~3月下旬。
Web 新開臥竜梅保存会
Web 伊勢志摩きらり千選
     
赤目町長坂梅林  あかめちょうながさかばいりん(三重県名張市)
赤目四十八滝へ向かう途中の山の斜面に、南高梅を中心に約500本の梅の花が咲く。
40年ほど前の減反政策によって、
休耕田になった土地に梅を植えた。
約500本(おもに南高梅)
見頃は3月中旬~3月下旬。
菅原神社 詳しいホームページへGo! すがわらじんじゃ(三重県鈴鹿市)
「国分の天神さん」と親しまれている神社。
境内と鳥居横の梅林にしだれ梅など約350本。
梅を寄進した人達が「梅祭り」を開催。
「合格・長寿おかゆ」などを販売。
約350本
見頃は2月下旬~3月上旬。
Web デジカメ散歩
 
鈴鹿サーキット・万葉の森 詳しいホームページへGo! すずかさーきっと・まんようのもり(三重県鈴鹿市)
万葉集で詠まれたゆかりの草木を、植栽可能な限り一堂に集めた。
梅、山吹、山桜など
それぞれの草木には
歌とその現代語訳が
標示されている。
Web 鈴鹿サーキット
   
魚半楼の盆梅 詳しいホームページへGo! うおはんろのぼんばい(三重県鈴鹿市)
古い宿場町にある割烹旅館。盆梅が百畳敷の大広間をはじめ、
中庭等、全館に配置されている。
なかには樹齢200年を超す古木も。
季節料理の梅懐石を味わいながら
盆梅を観賞することができる
約250鉢
Web 魚半楼
   
小船の梅林 詳しいホームページへGo! こぶねのばいりん(三重県熊野市)
北山川の清流のほとり1.2haの敷地に、約650本の梅が植栽されている。
毎年2月下旬~3月上旬には
「小船梅まつり」が開催され、
郷土芸能や物産展で賑わう。
約650本
Web かんこうみえ
 
斎宮歴史博物館 詳しいホームページへGo! さいくうれきしはくぶつかん(三重県多気郡明和町)
斎宮の成立から終焉までを上映、発掘調査と文献調査に基づいた展示がなされている。
博物館南のふるさと広場には、
紅梅・白梅合わせて
100本あまりの梅林がある。
見頃は2月上旬~2月下旬。
Web 斎宮歴史博物館
 

Copyright© GEKKO All Rights Reserved.

page top