なんでも梅学

秋篠寺 月ヶ瀬梅渓
大和文華館 片岡梅林 般若寺
喜光寺
平城宮跡 今西家書院 志賀直哉旧居 春日大社神苑 蔓葉植物園
追分梅林 菅原天満宮
法華寺
薬師寺
大和民俗公園 郡山城跡盆梅展
長谷寺
石光寺
久米寺 万葉の森
船宿寺
広橋梅林
賀名生梅林

奈良県

片岡梅林 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo かたおかばいりん(奈良県奈良市)
奈良公園内にある梅林。地名から片岡梅林と呼ばれている。
春日大社参道一の鳥居付近から
料理旅館・江戸三の方向に歩くと
やがて円窓亭を取り囲むように
100本ほどの梅林がある。
見頃は2月下旬~3月中旬。
Web 奈良公園
Web 奈良市観光情報
   
追分梅林 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo 行ってきました!レポートへGo おいわけばいりん(奈良県奈良市)
緩やかな谷間の両斜面に植えられた約4000本の梅林。
奈良時代に愛でられた白梅、
平安時代に人気の紅梅が
10haの梅林に花開く。
見頃は2月下旬~3月上旬。
Web 春日野奈良観光
Web 奈良市観光情報
   
大和文華館 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo やまとぶんかかん(奈良県奈良市)
東洋の古美術品を中心とする美術館。隠れた花の名所として知られる。
1本の梅に7種の梅を接木した
珍しい「七福神の梅」は必見。
約130本(70種)
Web 春日野奈良観光
Web 大和文華館
   
今西家書院 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! いまにしけしょいん(奈良県奈良市)
室町時代の様式をよく伝える書院造りの建物。国の重要文化財指定。
庭は、建物を囲むよう造園。
各部屋違った趣を楽しめる。
紅白の古木がある。約4本
見頃は2月頃~。
Web 奈良市観光情報
Web なら花の情報館
   
菅原天満宮 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! すがわらてんまんぐう(奈良県奈良市)
菅家一系三神を祀る由緒正しい神社。菅原道真公御誕生の地。
「菅原の里盆梅展」開催。
約200鉢(130品種)
2月上旬~3月上旬。
Web 菅原天満宮
Web 奈良市観光情報
   
喜光寺 詳しいホームページへGo! きこうじ(奈良県奈良市)
薬師寺唯一の別格本山。本堂は「試みの大仏殿」と呼ばれている。
「菅原天満宮」との共催で
「盆梅展」を開催。
盆栽を20鉢、古梅を10鉢、
山門の入り口付近から
境内にかけて並ぶ。
Web 喜光寺
   
志賀直哉旧居 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! しがなおやきゅうきょ(奈良県奈良市)
白樺派の文豪「志賀直哉」が昭和4年から9年間住んだ旧居。
春日山、若草山を見渡せる
緑豊かで閑静なところ。
「暗夜行路」をここで完結。
見頃は1月~3月。
Web 春日野奈良観光
Web なら花の情報館
   
般若寺 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo!  はんにゃじ(奈良県奈良市)
真言律宗の寺院。創建は飛鳥時代と伝わる古刹。コスモス寺の名で知られる。
国宝楼門、重文十三重石塔
三十三体の観音石仏など
古い文化財を有し、境内では
四季折々の花が観賞できる。
見頃は3月上旬~。
Web 般若寺
Web 奈良市観光情報
   
平城宮跡 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! へいじょうきゅうせき(奈良県奈良市)
かつての日本の首都・平城京の中心であった宮跡。 1998年、世界遺産に登録。
聖武天皇の治世を中心に
710年から74年間にわたって栄えた都。
中国・唐の都に習い、メインストリートの朱雀大路を
はさんで、宅地が碁盤の目のように整然と区画され、
最盛期には住民が10万人にも上ったといわれる。
見頃は2月~3月。
Web なら花の情報館
Web 春日野奈良観光
 
薬師寺 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! やくしじ(奈良県奈良市)
法相宗大本山薬師寺。奈良西ノ京町に建立された南都七大寺の一つ。
1998年、世界遺産に登録
約100本(10種)
見頃は2月下旬~3月中旬
Web 薬師寺
Web なら花の情報館
   
春日大社神苑 蔓葉植物園 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! かすがたいしゃしんえん(奈良県奈良市)
昭和7年、我が国で最も古い萬葉植物園として開園。
万葉集に歌われた植物、
約270種類が植えられている。
約40本(白梅・紅梅)
見頃は2月中旬~3月。
Web 春日大社
Web なら花の情報館
   
法華寺 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! ほっけじ(奈良県奈良市)
聖武天皇の皇后である光明皇后の発願により、総国分尼寺として建立。
本坊の庭園は名園として有名。
仙洞御所より賜った
紅梅が前庭に咲く。
約10本。見頃は3月頃~。
Web 法華寺
Web なら花の情報館
   
秋篠寺 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo あきしのでら(奈良県奈良市)
780年頃、光仁天皇の勅願によって建立。閑静で良いお寺。
勅願寺としては奈良時代に
建立された最後の寺。
優美な本堂と、伎芸天
金堂跡の苔庭が美しい。
Web 奈良市観光情報
   
月ヶ瀬梅渓 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! 行ってきました!レポートへGo つきがせばいけい(奈良県奈良市)
名張川両岸に梅林が広がり、渓谷と梅林が融和した梅渓。大正11年名勝指定。
奈良三大梅林のひとつ。
約10000本
見頃は2月中旬~3月下旬。
Web 奈良市観光情報
Web なら花の情報館
   
大和民俗公園(みんぱく梅林) 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! やまとみんぞくこうえん(奈良県大和郡山市)
矢田丘陵の一角約26haに、野外博物館的要素を持った都市公園。
里山の環境を生かし、
四季折々の草花が楽しめる。
約150本
見頃は2月下旬~3月下旬。
Web 大和民族公園
Web なら花の情報館
   
郡山城跡 盆梅展 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! こおりやまじょう ぼんばいてん(奈良県大和郡山市)
日本でも珍しい「お城(郡山城)の櫓」という厳かな雰囲気の中で堪能できる。
愛好家が丹誠込めて育てた
大小約120鉢の盆梅を展示。
2月中旬~3月中旬開催。
会場周辺のしだれ梅も咲く。
Web 大和郡山市
Web なら花の情報館
   
万葉の森 詳しいホームページへGo! まんようのもり(奈良県橿原市)
香久山の入り口にある森林公園。全国植樹祭を記念して造られた。
万葉集に詠まれた植物73種を植栽。
歌碑をたどりつつ散策が楽しめる。
約150本
見頃は3月上旬~3月下旬。
Web なら花の情報館
 
広橋梅林 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! ひろはしばいりん(奈良県下市町)
月ヶ瀬、賀名生と並ぶ奈良県三大梅林の一つ。広橋峠の西斜面約25ha。
葛城山・金剛山や大和平野
を見渡せるすばらしい眺望。
約5000本(紅梅・白梅)
見頃は2月下旬~3月下旬。
Web 下市町
Web なら花の情報館
   
久米寺 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo!  くめでら(奈良県橿原市)
橿原神宮の一の鳥居を南に入ってすぐのところにある。
「久米の仙人」の伝説に
ちなんだ寺として知られる。
約数十本(白梅・紅梅・五色梅)
見頃は1月下旬~3月上旬。
Web 橿原市
Web なら花の情報館
   
賀名生梅林 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! あのうばいりん(奈良県西吉野村)
北曽木の丘陵を麓から中腹まで覆いつくすように2万本の梅が咲き続く。
吉野山の桜になぞらえて
見返り千本、奥の千本と
呼ばれる場所もある。
約20000本
見頃は2月下旬~3月下旬。
Web 五條市
Web なら花の情報館
   
石光寺 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! せっこうじ(奈良県葛城市)
関西花の寺霊場第二十番札所で、四季折々の花が楽しめる。
天智天皇の勅願によって創建。
約40本(しだれ10・紅白30)
見頃は1月~3月。
Web 石光寺
Web なら花の情報館
   
船宿寺 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! せんしゅくじ(奈良県御所市)
千年の法灯をずっと守り続けている真言宗の名刹。
1200余年の歴史を持つ。
約50本(紅梅・白梅)
見頃は3月上旬~3月下旬。
Web 船宿寺花だより
Web なら花の情報館
   
長谷寺 詳しいホームページへGo! 詳しいホームページへGo! はせでら(奈良県桜井市)
「花の御寺」と称され、一年中花が咲いている。
日本でも有数の観音霊場。
約200本(数十種)
見頃は1月下旬~3月上旬。
Web 長谷寺
Web なら花の情報館
   

Copyright© GEKKO All Rights Reserved.

page top