梅のある生活

焼酎について質問集

梅酒には、どんな焼酎を使えば良いですか?

長期保存&熟成用には「ホワイトリカー」がお薦め

長期保存&熟成用には「ホワイトリカー」がお薦めです。
ホワイトリカー(35度)は、果実酒用の焼酎で、何度も蒸留して作るため、無味無臭に近いのが特徴です。

それ自体にコクや風味はありませんが、そのぶん果実の風味が生かされ、美味しく仕上がります。

半年~1年で楽しむ場合には、25度の麦焼酎でも良いです。アルコール臭さがないので、梅の味と香りを楽しめます。
しかし、こちらは熟成(長期保存)には不向きです。

ホワイトリカー以外のお酒で作れますか?

はい、作れます。長期保存には、アルコール35度以上の
焼酎・ブランディ・ウイスキー・ウォッカ・ジンなどが望ましいのですが、
泡盛・黒糖焼酎・ワイン・老酒・麦焼酎・日本酒など
いろいろ工夫して、自分だけのオリジナルに挑戦しましょう。

ブランディで漬けた梅酒

ただし、アルコール度数が低くなると、
梅のエキスが抽出されにくくなり、
長期保存や保管方法も難しくなります。

場合によっては、冷蔵保存が必要に
なる場合がありますので、ご注意を。

(ブランデーで漬けた梅酒)

焼酎1升に対して、どれくらい梅を入れれば良いですか?

焼酎1升(1.8リットル)に対して
アルコール度数35度以上のお酒なら、青梅1~1.2kgが目安です。
コクのある梅酒に仕上げたい時は、青梅を1.2kg入れましょう。

ただし、25度以下のアルコール度数の低いお酒には、
青梅を1kg以上入れないようにしましょう。
アルコール度数が低くなりすぎて、品質が不安定になり
液が濁る原因となります。

焼酎をブレンドして漬けても良いでしょうか?

はい、ブレンドして漬け込むことは可能です。
しかし、仕上がったとき味見して「これは失敗した」と
後悔しても、どうしようもありません。

別々の容器に、それぞれ漬け込み、出来上がったものを
飲む時にブレンドして楽しむと、失敗がありませんよ。

コクのある梅酒に仕上げたい時は青梅を1.5kg入れましょう

Copyright© GEKKO All Rights Reserved.

page top