梅のある生活

砂糖について質問集

どんな砂糖を使えば良いですか?

氷砂糖と梅の相性はバッチリ!

梅酒には、純度が高くクセのない
「氷砂糖」がお薦めです。
すっきりとした上品な甘みの
梅酒に仕上がります。

焼酎にゆっくり溶ける氷砂糖は、
じっくりと梅のエキスを引き出し、
まろやかな味に仕上がります。

氷砂糖と梅の相性はバッチリ!

氷砂糖以外の砂糖は使えますか?

はい、もちろん使えます。
グラニュー糖・赤ザラメ・黒砂糖でも結構です。

グラニュー糖は、氷砂糖に比べて甘みが強く、前面に出た感じがします。
赤ザラメ・黒砂糖のように、精製されていない砂糖には、アクがあり、
そのため渋味が若干ありますが、風味は良いです。

砂糖はどれくらい入れれば良いですか?

好みが分かれるところが、砂糖の量です。
市販の梅酒は甘いのが多いので、スッキリとした梅酒を作りたい・・・
そんな方のために、甘さの目安を表にしてみました。

梅・焼酎 砂糖の量 甘さの目安


梅1kg
焼酎1800ml
に対して
1kg以上 超甘口
800g~1kg 甘口
600g~800g 標準的な甘さ
400g~600g 酸っぱめ
200g~400g 超酸っぱめ

焼酎1升(1.8リットル)に対して、砂糖700g前後が目安です。
お酒が苦手な方や、甘めの梅酒に仕上げたい場合は、
これより多めに入れてください。

砂糖を入れることにより浸透圧がおこり、梅のエキス抽出を助けます。
無糖でも作れますが、エキスが抽出されにくくなりますので
少量でも入れることをお薦めします。

しかし、くれぐれも入れすぎないように注意しましょう。
一度入れてしまった砂糖は、どうすることもできません。
加減がわからない時は、あらかじめ甘さ控えめに作り、
足りない甘味は飲む時に、ガムシロップなどを加えて補うと良いでしょう。

砂糖を入れずに梅酒を作りたいのですが、可能ですか?

はい、作ることはできます。
ただし、砂糖入りの梅酒に比べて、梅のエキスが抽出されにくいです。
その点を理解して作りましょう。

砂糖の代わりに、ハチミツは使えますか?

はい、使えます。ただし、ハチミツは液に溶けにくいので、
漬け込み後、2週間くらいは毎日1回瓶を揺すってよく混ぜてください。

Copyright© GEKKO All Rights Reserved.

page top